シンポジウム、講演活動

温暖化懐疑論にどう向き合うか?

日本科学技術ジャーナリスト会議 会員各位

■■202010月例会案内■■

温暖化懐疑論にどう向き合うか?

 

講師: 江守正多さん(国立環境研究所地球環境研究センター副センター長)

日時: 2020年10月16日(金曜日) 午後700900

場所: ZOOM開催

 

 地球温暖化に対する懐疑論や否定論が、再び活発化してきています。温暖化懐疑論は2007-2009年頃、社会的関心を集めたことがありましたが、その後は散発的になりました。ところが最近イギリスのGWPFや日本のIEEI(国際環境経済研究所)が系統的な温暖化懐疑論を主張し始め、次第に社会的な注目を集めだしています。温暖化懐疑論がなぜ復活するのでしょうか?その論点を整理し、最近の科学的知見を紹介しながら、地球温暖化への正しい向き合い方についてお話を伺います。

担当JASTJ企画委員長 内城喜貴

江守正多さん(えもり・せいた)さん 略歴:

1970年神奈川県生まれ。1997年に東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程にて博士号(学術)を取得後、国立環境研究所に入所。2018年より地球環境研究センター 副センター長。社会対話・協働推進オフィス(Twitter @taiwa_kankyo)代表。専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第5次および第6次評価報告書 主執筆者。著書に「異常気象と人類の選択」「地球温暖化の予測は『正しい』か?」、共著書に「地球温暖化はどれくらい『怖い』か?」「温暖化論のホンネ」等。

 

※参加ご希望の方は下記URLに10月9日(金)までにお申し込みください。会員以外の方もJASTJの活動へのご賛同、ご支援としてご寄付をいただく形で参加いただけます。(勤務先など、ご所属をご明記いただきます)。学生は500円、社会人は1000円です。振込み口座は申し込みされた非会員の方にメールでお知らせします。

(会員と塾開催期間中の塾生は無料です)

 

申し込みURL:  http://bit.ly/jastj-202010m

参加方法は申し込みフォームに入力されたメールアドレス宛にお送りします。

| | コメント (0)

再生可能エネルギーについてユーチューブで話しました。

https://www.youtube.com/watch?v=5Z2WReLWThQ&fbclid=IwAR0AOTkH0PCBU7N8N44JWpPptt5No_W460obIHQXZOxDJAkUbSFdx0MtObs

再生可能エネルギーについてユーチューブで話しました。

| | コメント (0)

室山が2019現在で講演(大学で授業)しているテーマは以下の通りです。

室山が2019現在で講演(大学で授業)しているテーマは以下の通りです。それぞれ90分話します。

室山哲也のテーマ2019

講演でやったテーマ

 

  • 人工知能の光と影
    人工知能は、急速に人間の脳に肉薄し、やがて独自の意識を持ち、人類を支配するのではないかと心配する科学者まで現れています。今後、世界規模で、医療、経済、教育、社会に大きな影響を及ぼす人工知能の現状と課題について考えます。

  • どう超える?自動運転の壁(③と一部重複)

自動運転が急速に進化している。自動運転のレベルは1-5まであるが、すでにレベル2は実現され、車線を超えて追越ができるレベルとなった。残るは無人運転へのステップだが、ここにきて「事故責任の所在」など大きな課題が出てきた。今後自動運転実現に向けてどのような課題があるのか?どうすれば正しい形で自動運転が実現するのか?市民はどのように向き合えばいいのか?最新情報を交え、現状と課題、未来社会のありようについてお話します。

 

  • ロボット技術と社会
    人間は、道具を作ることで文明を切り開いてきました。ロボットはその最先端の創造物。知能を持った道具でもあります。そして今、ヒューマノイド、アンドロイドなど「人間に酷似した」ロボットまで出現しています。ロボット技術はどのように人間を幸福にさせるのでしょうか?そしてその落とし穴とは・・?

 

  • どう向き合う?地球温暖化
    産業革命以降の人間活動は、温室効果ガスの増加を招き、地球温暖化による気候変動をひき起こしました。去年末、温暖化防止の国際協定(パリ協定)が成立しましたが、今後、本当の正念場がやってきます。私たちは、海面上昇、異常気象による農業や経済の疲弊など、深刻な地球規模の影響にどのように立ち向かっていけばいいのでしょうか?気候変動がもたらす影響と課題を学びましょう。

    ●気候変動とエネルギー問題

東日本大震災以降、日本のエネルギー政策は大きく漂流しています。原発、化石燃料、再生可能エネルギーをどのように位置づけ、未来の日本社会を作っていけばいいのか?再生可能エネルギーを大きく育てるにはどうしたらいいのか?現状と課題を考えてみましょう。

  • みんな違ってみんなイイ!

現代ほど「ダイバーシティ(多様性)」が重要な時代はありません。新しい文明が異質な文明の交差点で生まれる(トインビー)ように、異文化と向き合い、新しい価値を作れる子供や青少年が育っていく必要があります。私の娘(自閉症)を育てた経験も織り交ぜながら、多様な社会をどう作っていくのか、脳科学、進化生物学などの最新研究を元にお話します。


  • 「ロボコンに見る教育の極意」

NHKが開発したロボコンは、今や日本のみならず世界に広がった「創造性教育のモデル」といえます。ロボコンには「モノつくり」に興奮する人類の脳の本質が秘められているからです。30年目を迎えたロボコンが示唆する教育の秘訣について語ります。

 

  • 脳を知ってよい子を育てよう
    脳は、五感を通じて世界を感じ取り、情報を整理統合し、独自の精神世界を作り、出力する巨大な情報増幅工場です。人間の脳はどのような特徴を持っているのか?最先端の科学的知識をもとにした「よい子の育て方」をお伝えします。

 

  • 原発事故が投げかけたもの

福島第一原発事故は、日本全体を大きく揺さぶり、深刻な波紋を広げ続けています。とくに放射性物質が引き起こした混乱は、社会構造の在り方について大きな課題を残しました。今後の科学的課題や社会的合意の在り方など、原発事故を通じて今後の日本社会のあり方を考えましょう。

 


(準備中)

  • どうつくる?持続可能な社会~SDGsと世界、そして日本~

SDGs(持続可能な開発目標)が注目されています。気候変動、エネルギー問題、食糧問題など・・。人類社会は「持続可能な成長」の重要性に直面しています。急激な人口爆発と無計画な開発で、人類はすでに地球1.7個分の生活をしており、もし全員がアメリカ並みの生活をすると地球が5個必要という報告もあります。地球1個分で、豊かで質の高い生活をするにはどうすればいいのでしょうか?環境問題やエネルギー問題の現状を踏まえて、どのような経済、文化、社会を実現すればいいのか?最新の科学的データも踏まえて、わかりやすくお話しします。

ファシリテーター経験(シンポジウム)

  • どう実現?自動運転社会(国土交通省、内閣府など)
  • 宇宙開発と日本の未来をどう切り開くか(JAXAなど)
  • 温暖化にどう向き合うか?(環境省、東京都、英国大使館)
  • 基礎科学が切り開くイノベーション日本(JST
  • 北極圏で何が起きているか(国立極地研)
  • どう向き合う?新興感染症(環境省)

 

その他の講演ネタ(大学授業/市民講座など)
●生命誕生の8つの偶然
生命が地球に生まれるまで、実に多くの偶然が働き、奇跡のようなプロセスを経てきました。太陽系の誕生、月の誕生、海の誕生、巨大隕石など、生命を脅かす出来事を、私達人間の祖先はどのように切り抜け、進化してきたのでしょうか?宇宙的規模から生命を考えます。

●こうしてヒトが生まれた
人類は、宇宙進化、太陽系進化、地球進化、生命進化の果てに生まれました。その意味で、現存する百数十万種の生物は、遺伝子の起源が同じ兄弟であり、人類はその一種にすぎません。文明の課題は、すべてこの進化の構図の中で生まれています。私たちの祖先は、ドラマチックな地球大変動の中で、どのように危機を乗り越え、人間になれたのでしょうか?

●進化が生んだ病
人類は進化の代償として様々な病気に苦しんでいます。心臓病、脳卒中、ガン、心の病。最近、これらの病気は、人間が進化することの裏腹だということがわかってきました。病からみた人間論をお伝えします。

●宇宙開発競争
人類が作り上げた文明は、いまや宇宙にまで及んでいます。人工衛星は、放送や通信、天気予報など、私たちの生活に欠かせない存在となっています。しかしその背後には、ロケット打ち上げ競争や宇宙ビジネスなど、熾烈な側面もあり、軍事的課題につながる部分もあります。「宇宙開発」はどこまで来ているのか?宇宙開発のの光と影を考えます。

●サイボーグ人間の誕生
進化するコンピューターに対して、人間の神経系(脳や末端神経)とコンピューターを接続するブレーンマシンインターフェイス(BMI)という新技術が注目されています。この技術は福祉や医療を前進させる一方、人間のスーパーマン化やロボット化現象をもたらし、ある種の人権問題につながる恐れもあります。人類は今後、どのように進化していくのか?その現状と課題について学びます。

  • 巨大地震と日本
    日本は世界有数の地震国。日本の歴史は、巨大地震や津波と戦う歴史そのものともいえます。特に都市化が進む中、災害の様相も複雑化し、深刻化する側面があります。私たちは巨大災害とどう向き合うべきなのか?東日本大震災などを交えながら、地球環境が引き起こすリスクと、科学技術の在り方を考えましょう。

  • 生物多様性の危機
    人間活動は、急速な生物の絶滅を引き起こしつつあります。その規模と変化のスピードは、地球史の中で、特に深刻といえます。人類の存続にすら影響しかねません。生態系や生物多様性の重要性とそのメカニズムについて学びましょう。

  • 「テレビディレクター40年:私が出会った偉人達」

NHKディレクター、プロデューサー、解説委員の40年のテレビマン人生で、多くの人に会い、世界の見方や人生訓を取材、その現場を目撃してきた。ノーベル賞学者、探検家、政治家、企業人、宗教家、教育者などなど。日本、そして世界を変えてきた偉人達の名言や、人生観、世界観を紹介しながら、私たちが今後生きていく指針をお伝えします。

| | コメント (0)

情けなや!日本に化石賞2019.12.13

https://www.youtube.com/watch?v=pFcNtPanwOA

ネットニュースでCOP25の化石賞について話しました。

| | コメント (0)

AIと教育について話しました。2019.11.2

https://www.youtube.com/watch?v=HA6-IleH9JI&pbjreload=10
AIと教育について話しました。

| | コメント (0)

AIと教育について話しました。2019.11.2

https://www.youtube.com/watch?v=HA6-IleH9JI&pbjreload=10
AIと教育について話しました。

| | コメント (0)

NHK元解説委員たちが出るチャンネル

https://www.youtube.com/c/SALADBOWLTV

NHK解説委員たちが出るチャンネルができました。室山も出てます。

 

| | コメント (0)

テクノロジーの現状と課題ついて講演しました。2019.10.31

有楽町マリオンでAIやロボットの現状、未来、課題について講演しました。たくさんの方々が聞いていただきありがとうございました。

Img_0978 Img_0974 Img_0979

| | コメント (0)

自動車安全技術シンポジウムで司会をしました2019.10.29

東京モーターショーで専門家が集まり、自動車の安全技術の現状と未来のモビリティ社会のあり方について議論しました。会場は関係者、教育者、マスコミ、一般の方々でほぼ満席となりました。 

第 20 回自動車安全シンポジウムについて
国土交通省では、自動車安全対策の推進にあたり、一般ユーザや業界の皆様にご理 解頂くとともに、ご意見を伺うため、平成 12 年度より毎年、自動車安全シンポジウ ムを開催しております。 この度開催する第 20 回自動車安全シンポジウムでは、安全運転サポート車(サポ カー)の普及促進が求められる中、「予防安全技術による安全対策について」をテー マとし、自動車メーカーにおける予防安全技術の開発動向や、車両安全対策の実施状 況及び今後の方向性等について紹介します。

1.開催日時・場所
日時:2019 年 10 月 29 日(火) 13:00~15:00 (受付開始 12:15) 会場:東京ビックサイト

2.プログラム
13:00 開会
13:10 基調講演(各 15 分) ① 未定 猪股 博之 国土交通省 自動車局 技術政策課 国際業務室長 ② 未定 高橋 信彦 (一社)日本自動車工業会 安全・環境技術委員会安全部会長


13:40 パネルディスカッション (予防安全技術による安全対策について) 司会 室山 哲也 日本科学技術ジャーナリスト会議副会長 パネリスト 鎌田 実 東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授 森山 みずほ モータージャーナリスト 高橋 信彦 (一社)日本自動車工業会 安全・環境技術委員会安全部会長 鳥塚 俊洋 (株)JAF メディアワークス IT メディア部長 猪股 博之 国土交通省自動車局 技術政策課 国際業務室長

15:00 閉会

Img_0961 Img_0963 Img_0957 Img_0955

| | コメント (0)

横須賀で講演しました。2019.10.15

横須賀の内外情勢調査会で人工知能の可能性と課題について講演しました。曇りで少し涼しい風が吹いていました。

Img_0850 Img_0851 Img_0852 Img_0853 Img_0849

| | コメント (0)

より以前の記事一覧