シンポジウム、講演活動

第15回自動車安全シンポ「国際社会における自動車安全対策と国際基準調和」2014.5.23(金)パシフィコ横浜

(ねらい)

自動車事故による死傷者問題は各国の大きな悩み。ドライバーや歩行者の安全を守る自動車技術は今後どうあるべきか?国際的視点からその現状と課題を整理し、今後の安全対策のあり方や、情報共有、基準の共有の方向性などについて議論する。

(パネリスト)

Nathaniel  Beuse ナザエル ビュース(アメリカ)運輸省

Johan  Renders ヨハン レンダーズ(欧州)ベルギー運輸省(TV参加)

久保田 秀暢(ひでのぶ)(国土交通省)

高橋 信彦(日本自動車工業会)

永井 正夫(日本自動車研究所)

清水 和夫(ジャーナリスト)

室山 哲也(NHK司会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大正大学授業開始2014年4月~

毎週月曜日に大正大学で授業を開始しました。

「人間とはなにか」①こうしてヒトが生まれた②脳が作り出す世界③病気から見た人間

「テクノロジーと社会」①ロボット②脳と機械の接続(サイボーグ)

「地球環境問題」①地球温暖化と気候変動②生物多様性③国際交渉と日本

「エネルギー」①化石燃料②再生可能エネルギー③水素社会

「リスク社会」①巨大地震②原発事故

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふれあい塾あびこ講演「脳の不思議心の不思議」2014.5.15

我孫子の市民の勉強会でお話をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知講演「エネルギー問題と高知への期待」2014.5.13

高知県経済同友会の招きで、エネルギー問題について話しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎市民大学「新しい文化を生むロボコン」2014.4.25

ロボコンの教育的意義について話しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎市民大学「映像の力と限界」2014.4.18

メディアにおける映像と文字の力と限界について話しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『描け!カガクの未来予想図~第3回科学の甲子園全国大会』2014.5.17Eテレ14時から

兵庫県立総合体育館で3/23(日)に行われた「科学の甲子園」関連シンポジウムの司会をしました。山海嘉之さん(ロボットスーツHALの開発者の筑波大学教授)、高橋淑子さん(京都大学教授、発生生物学)、縣秀彦さん(国立天文台)、稲見昌彦さん(慶応大学、バーチャルリアリティ、ヒュマンインターフェイス)というそうそうたる科学者のみなさんが、「科学するとはどういうことか」「若者たちへのメッセージ」を熱く語りました。司会は室山がしました。ビビッドで面白い議論が展開。ぜひともご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

科学の甲子園特別シンポ「輝け!カガクの未来予想図」2014.3.23

兵庫県立総合体育館で3/23(日)に行われた「科学の甲子園」関連シンポジウムの司会をしました。山海嘉之さん(ロボットスーツHALの開発者の筑波大学教授)、高橋淑子さん(京都大学教授、発生生物学)、縣秀彦さん(国立天文台)、稲見昌彦さん(慶応大学、バーチャルリアリティ、ヒュマンインターフェイス)というそうそうたる科学者のみなさんが、「科学するとはどういうことか」「若者たちへのメッセージ」を熱く語りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三鷹市市民大学「ジャーナリストから見た地球環境問題」2014.3.16

地球温暖化や地球環境問題を、ジャーナリストの立場からどのように見、感じているかを、2時間お話しします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠くて近い北極~ここまでわかった温暖化~シンポ2014.3.15

最新の北極研究の成果を発表しつつ、温暖化や環境問題を考えるシンポジウムが池袋自由学園の講堂であり、室山が司会をしました。観客な方々からの活発な質問で、会場は大いに盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)