日記・コラム・つぶやき

時論公論「ロボコン30年 残したものは?」2017.12.5

 

「別に超有名人が出て歌ったり踊ったりするわけでもないのに、手作りロボットが動くだけでどうしてこんなにお客さんが入るのか?不思議ですねえ」

あるイベントの専門家が、当時ロボコンのプロデューサーをしていた私にそうつぶやきました。「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト」。略して「ロボコン」。NHKがかかわるこの競技大会は、この30年で、国内外の多くのロボットコンテストに影響を与えながら成長し、先日記念すべき30回大会が行われました。

ことしのテーマは「大江戸ロボット忍法帳」。対戦チームが、2台ごとのロボットで、相手の風船を割りあい、すべて割れば勝ちとなります。巨大なムチのような腕で風船を割るもの、700発の小さな矢を同時に発射し、風船を割るものなど、奇想天外なアイデアが次々と繰り広げられ、会場は5時間の熱戦に包まれました。

今夜は、「ロボコンとは何か?」「ロボコンの成果」について考えてみます。

●ロボコンの源流は、30数年前の、日本とアメリカの大学の、ロボット工学の授業にさかのぼります。学生たちの「学ぶ意欲が薄い」ことを心配した教授が、共通の材料で、自由にロボットを作らせ、競技を通して、ものつくりの醍醐味を学ばせようとしたのです。

当時、この授業を始めた東京工業大学の森政弘さんは、学生たちの変化に驚きました。「自分の頭で考えて」「自分の手で作る」ことが、なぜこれほどまでに彼らを夢中にさせるのか。森さんは、無味乾燥とした教育に、感動を組み込むことこそ、創造性をはぐくむ近道だと気付いたといいます。この授業はやがて大学の名物授業となり、「ロボコン」というユニークなイベントに発展していったのです。

 

高専ロボコンは、この30年で、数々の名機を生み出しました。そして、国内大学生などによる「NHK学生ロボコン」を生み出し、その勝者が参加する、アジア太平洋20の国と地域による「ABUロボコン」、国内2500校が参加する「中学校ロボコン」などを生み出してきました。単純計算してみると、高専ロボコンだけでも、競技に出たチームはのべ3840チーム。競技参加者10数万人。イベントや放送を見た観客は、日本だけでも2億人を超えています。特にABUロボコンは、日本生まれのロボコンのノウハウがアジア太平洋各国に広がり、国内の産業を刺激し、技術立国を進める役割を果たすなど、高く評価されています。

 それにしても、ロボコンは、なぜ人々に支持されたのでしょうか?

学生たちや関係者が残した「名言」をもとに考えてみましょう。

 

まず「ロボコンに正解ナシ」という言葉です。

ロボコンにも、ルールがあります。しかし「してはいけない」ことが書かれているだけで、それ以外は、何をやってもよいのです。ロボコンは、確かに勝敗を競う競技大会ですが、正解とされるロボットの姿が決まっているわけではありません。○×式ではなく論述式。何を作ってもいいのです。

この作業は、実に人間的です。

例えば今注目されている人工知能は、限られた世界では有能ですが、「何でもあり」の未知の状況では、うまく機能できません。「正解がない」未知の状況の「創造力」こそ、人間に残された最後の砦です。「ロボコンに正解ナシ」。その言葉には、若者たちを熱狂させる魔力があるのかもしれません。

 

次に「材料に命を吹き込め」という言葉です。

ロボコンでは、「予算」や「材料」を厳しく制限して、ロボットを作ります。お金に物を言わせたロボットには、なんの意味もありません。ホースの出口を狭くすれば、水が遠くに飛ぶように、アイデアは制限された状況でこそ生まれます。だからこそ、ロボコンのタイトルの冒頭に「アイデア対決」という文字がついているのです。

 

私はロボコンを見るたびに、アメリカの宇宙船「アポロ13号」を思い出します。月探査の途上、爆発事故で、船内の酸素濃度や気温が下がり、二酸化炭素が増加し、乗組員の生命が危険にさらされた宇宙船です。乗組員は、生き延びるために、地上の管制塔と連携して、船内にわずかに残ったパイプや金属などの材料を組み合わせ、二酸化炭素を減らし、酸素を増やす装置を完成。見事生還しました。このアポロ13号。「限られた材料で問題を解決する」点で、どこかロボコンに似ています。また、地球温暖化などの環境問題を、限られた資源とアイデアで解決しなければならない、世界の現状にも似ているように思います。未来を切り開く若者たちが、ロボコンを通じて問題解決の技術を体得することに、大きな意味があるのではないでしょうか。

 

3つ目は「モノつくりは人つくり」という言葉です。

「モノを作る」ということは、頭の中に浮かんだイメージを外に出し、ものと格闘して形にするということです。実際にモノをつくるとき、しばしば、設計図通りにはいかないことがあります。たとえば、鉄を曲げたくても、鉄が折れたり、鉄という素材はそのように変化できない場合、設計図が間違っているということになります。その場合は設計図を修正して、ものとの限りないすり合わせの中で、着地点を探していかなければなりません。

実は、このような光景は、かつて日本の下町の工場でよく見られました。ある熟練工のところに、大学出のエリートが設計図を持って現れます。熟練工は「この設計図では機械は動かない。少しアソビが必要だ」といいます。エリートはプライドが傷つけられ「そんなことはない」と反論しますが、結局熟練工の意見が正しく、設計図は書き直されます。ものつくりの現場と設計図のせめぎあい。その緊張感の中で、お互いが磨かれ、高い品質の製品が作られていったのです。最近、コンピュータ技術の進展で、アナログ的な古いタイプのものつくりの意義が薄れてきたという意見があります。しかし、デジタル情報とモノが合体する「モノのインターネット」の出現で、再び、モノを扱う技術の重要性が注目されています。「モノつくりは人つくり」。ロボコンは、ものつくりの原体験を、学ぶ場でもあります。

 

さて、大人の立場から堅苦しい理屈を並べましたが、現場に行ってみると、学生たちはおおらかに、ロボット作りを楽しんでいます。最後に、学生たちが言い伝えた「名言」をご紹介しましょう。

「勝ったマシンにゃ力がある。負けたマシンにゃ夢がある」という言葉です。

ロボコンには優勝チームに与えられる賞とともに、「アイデア倒れ賞」や「ロボコン大賞」というのがあります。ただ勝てばいいというのではありません。たとえ勝つまでの力がなかったとしても、独創的で、のびやかなアイデアのチームには「アイデア倒れ賞」が与えられます。また「ロボコン大賞」は、優勝できなくても、アイデアとものつくりの可能性を最も秘めた、総合力のあるロボットに与えられます。勝負は可能性を引き出すきっかけに過ぎません。だから、ロボコン大賞の旗は、優勝旗よりも大きいのです。

 

作家の司馬遼太郎さんは、欧米の技術に追いつく時代の日本を、「坂の上の雲」を追いかける存在として描きました。しかし、日本が科学技術立国として成功し、欧米がつくりあげた「雲」に追いついた今、これからは、その先に続く「雲の上の坂」を登っていかなければなりません。私たちは、その坂の向こうの空に、世界に誇れる、日本らしい色と形の雲を、浮かべることができるでしょうか?創造性や独創性をつくる教育が、今ほど求められている時代はありません。31年目を迎えるロボコンとともに、若者たちの夢を、大人が一緒になって育てていく必要があるように思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解説スタジアム年末スペシャル 「探れ!解決のヒント~日本のあした~」

1228() 午後1155分~翌29() 午前4解説スタジアム年末スペシャル

「探れ!解決のヒント~日本のあした~」1228() 午後1155分~翌29() 午前4

12/28(木) 2355-4.00

内向きのアメリカ、影響力を増す中国、挑発行動を続ける北朝鮮と、日本を取り巻く国際環境は不透明さを増すばかり。一方国内では、森友・加計問題で大きな議論が起き、日本経済を支えてきた大企業の不正が次々と表面化しました。内外ともに混迷を深めた1年について、解説委員40人が総力を結集して徹底検証・徹底討論し、2018年に向けた指針を考えます

(室山は3部(3-4時ころ)に出ます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時論公論「ロボコン30年が残したもの」2017.12.5(火)23.55-0.05

NHKロボコンが今年末で30年を迎える。ロボコンは、「限られた材料」でロボットを手作りし、アイデアを競う競技大会。日本における「ものつくり教育」の草分けである。教育界で評価が高く、国内外の様々なロボットコンテストに影響を与えながら、世界に知られるまでに成長した。NHKのロボコンは「高専ロボコン」と「ABUロボコン」の2つ。とくにABUロボコンは、15年前、NHKがアジア太平洋放送局連合(40か国)と始めたもので、タイ、インドネシア、ベトナム、中国など広範囲に広がり、技術立国を支えるアジアの青少年たちの「創造力」を大きく育ててきた。

ロボコンはなぜ人の心をとらえるのか?

「自分で考え」「自分で作る」という、人間の本質に合致しているからだろうか?優れた設計図でも、材料と格闘しながら絶え間なく変更されるという「ものつくり」の原点を教えてくれるからだろうか?ロボコンの魅力は、この30年で、年齢の低い子供たちにも広がり、国内でも2000校を超える中学校で、授業として教えられるまでにもなった。日本が誇る独特のものつくり教育「ロボコン」の魅力を、30年のエピソードとともに紹介し、その意義と今後の在り方について解説する。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

キラリ「東京モーターショー:人にやさしい車の未来は?」2017.11.16

(アナ)

東京モーターショーが終了した。未来のクルマがずらり並び、未来社会も見えてきた。室山解説委員。印象は?

(むろ)

モーターショーは近未来の交通を見るよい機会。今日は「安全」「安心」の視点からモーターショーを見てみたい。東京モーターショーの客は77万人。EV、自動運転など、未来の車が並んだ。一人や二人だけ乗せる超小型自動運転車も、やがて日本の過疎地で走るようになるだろう。安全安心技術では、車内のエアバックが充実してきたほか、フロントガラスの外に歩行者用のエアバックも展示されていた。また空気なしタイヤで安定走行を実現したり、車体全体に衝撃を吸収する合成ゴムを取り付けた車も展示されていた。

 (アナ)

未来の自動車社会の課題とは?

 (むろ)

安全、安心は、特に日本では必要な概念。交通事故の死亡者数は減ってきているが、高齢者の比率は増加している。高齢者は体も弱く骨ももろいので、事故の衝撃を受けやすく、被害を軽減する必要がある。

 (アナ)

安全に運転させる技術(ソフト)はどこまで来ている?

(むろ)

ふみ間違いによる死亡事故見ると、高齢化の影響がはっきり出ている。衝撃吸収ボディも重要だが、何よりもぶつからない車=安全運転支援技術が重要。今後は周囲の環境の情報をより濃密に提供したり、ドライバーの体調管理などのIT技術も出てくるだろう。

モーターショーでは、AIがドライバーの表情や目の動きを察知して、覚醒の度合いを知るシステムが展示されていた。これを使えば、ドライバーの健康が急変したとき、アラームで起こしたり、自動運転に切り替えて路側に停車するなどが可能になる。また光を使って周囲にメッセージを出したり、ドライバーの心理をAIが記憶して、適切な運転支援をしたり、情報提供をする車も展示されていた。

 (アナ)

今後どうなる?

(むろ)

今後、自動運転が出てきても、人間と車の関係性が重要なのは変わらない。

健全な「ヒューマンマシンインターフェイス」を開発して、人間や社会が豊かにする車を望みたい。

(アナ)ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くらし解説「東京モーターショー:人に優しい自動車の未来は?」2017.11.16(木)10.05-生放送

東京モーターショーが終了した。テーマの一つは、自動運転車などが、いかに人間社会に受け入れられ、共存できるかというものだった。会場には、合成ゴムでできた車体で衝撃を和らげる車や、空気のないタイヤなど安全性を追求したものや、事故を事前に察知し、衝突を回避する自動運転など最新の技術がずらりと並んだ。とくに、AIがドライバーの心理状態を読み事故を回避したり、ドライバーとAIがやり取りしながらドライブを楽しんだり、

自動車の周囲の人へ光でコミュニケーションするなど、「人間と自動車の関係(ヒューマンマシンインターフェイス)」が大きく進化。自動運転実現がさらに近づいた印象を与えた。

またAIを搭載した技術が、少子高齢化に対応した一人乗りの超小型モビリティーに使われるなども特徴的だった。東京モーターショーに展示された車を紹介しながら、「人間との関係」という観点から、自動車の現状と今後の課題を解説する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕方ホットトーク放送11月6(月)-9(木)17.30頃から15分ほど生放送

夕方ホットトーク

 

11/6(月)

「自動車はどこへ行くのか?」清水和夫さん(国際モータージャーナリスト)

東京モーターショーが終了した。各社の車が勢ぞろいする中、自動車の未来の姿が浮き彫りとなった。ポイントは「自動運転」と電気自動車(EV)などの「エコカー」。しかし人間とAIとの関係や、環境をめぐる社会と自動車の関係については課題は残ったままである。今後自動車はどう進化するのか?東京モーターショーを軸に、その課題と未来の姿を伺う。10/27-11/5東京モーターショー)

 

7(火)

「準天頂衛星が切り開くもの」柴崎亮介さん(東京大学教授)

準天頂衛星みちびきの打ち上げ成功で、来年度からの4機による本格運用のめどがついた。このシステムは従来のGPSの精度を格段に上げ、過疎地の自動運転に役立ち、工事現場や農業の自動化など、産業形態にも大きな影響を及ぼす。またアジア太平洋の日本の安全保障の要にもなるとされている。準天頂衛星で私たちの生活はどう変わるのかを伺う。

 

8(水)11/6(月)

「どう生きる?AI時代」岸 浩稔さん(野村総研主任コンサルタント)

AIが私たちの仕事のありように革命を起こしつつある。最新の報告では既存の仕事の49%が消え、代わりに新たな仕事も誕生するという。AIの影響は、従来機械化がブルーカラー労働者を減らしたように、ホワイトカラー、さらに弁護士や新聞記者の知的作業の職を減らしていくという。AIが「働き方」や社会をどう変えるか?私たちはどう生きればいいのか?最新研究も含めお話を伺う。

 

9(木)

「どうする?高齢社会の自動車対策」鎌田実さん(東京大学教授)

高齢者の交通事故が続く中、自動車の安全をめぐる議論が活発化している。警察庁は免許制度の見直しなど検討中だが、地方の高齢者は自動車なしには生活が成り立たず、自動運転などの安全技術の開発も不可欠。また「未来型の自動車を取り巻く道路のあり方など社会的課題も多い。高齢社会の自動車政策のあり方について伺う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キラリ「どうなってるの?エコカー開発」2017.10.19

CO2や排ガスの排出が少ないエコカー、特に電気自動車(EV)の開発が世界的に加熱している。私たちの暮らしとの関係は?室山解説委員。

 

(むろ)

最近、英仏が2040年までにガソリン車やディーゼル車の生産販売を禁止するニュースなど、世界に波紋が広がっている。その中で中国は新エネルギー車、特にEVの生産や販売に傾斜する方針を打ち出し、世界のエコカー開発の構図が急速に変化するのではと言われている。

(P2

現在ガソリン車の世界の販売は数千万台に登るが、エコカーの予測を見ると2030年過ぎに、EVがハイブリッドを追い抜くという試算もある。

 

(アナ)

今回の動きの背景は?

 

(むろ)

大きくみると地球温暖化や大気汚染の問題がある。環境問題から見ると、将来的にはCO2を出さないエコカーが求められる状況がある。

 

P3

しかしエコカーにはいろいろある。ガソリン車を基本に説明すると、軽油で走るクリーンディーゼル車は燃費もよくCO2も少ない。ガソリン車もハイブリッドやプラグインハイブリッドで電気とモーターを組み合わせれば、エコカーとして位置づけられる。電気自動車は電機とモーターだけで走り、燃料電池車は水素を入れ、燃料電池で電気を作りモーターで走る。これらは走行中は排出するCO2はゼロとなる。

今回の状況は、2年前フォルクスワーゲンがクリーンディーゼルのデータ不正事件をおこし、クリーンディーゼルの評価が大きく落ちたことで始まった。その結果、エコカー開発の構図が大きく変化し始めている。

 

(アナ)

エコカーはいろいろあるのに、なぜEVに傾斜?

 

 

(むろ)

P4

じつは政治的背景がある。各国のエコカー分布をみると、ヨーロッパはクリーンディーゼルとEV。アメリカはEV。日本は全方位で生産している。この状態でクリーンディーゼルの評価が下がり、欧米はEV重視の戦略に舵を切った形。なぜならハイブリッドや燃料電池車は日本が先行しているため、勝てないからだ。この流れに中国も乗り、EV生産、販売で将来の自動車王国を目指す方針をうち出した。EVは部品も少なく、まだ日本に太刀打ちできると踏んだからだといわれている。この結果、世界的にEVに注目が集まる状況が生まれた。

 

 

(アナ)

今後どうなる?

 

 

(むろ)

(P5

知っておかなければならないのは、走行中にCO2がゼロでも、社会全体から見たときエコかどうかという問題がある。たとえばEVのばあい、「走行距離短い」「充電時間」「コスト」などの課題とともに、どのように電気を作るかという問題がある。再生可能エネルギーなど、CO2を出さないシステムで作ればエコといえるが、石炭などの質の悪い化石燃料で発電するとそこでCO2が出るので、全体としてはエコとはいえない。燃料電池車も「水素インフラが少ない」「コスト」などの課題があるが、水素をどのように作るかが問題。たとえば風力発電などのエネルギーで水を分解して水素を作ればCO2は出ないが、化石燃料から作るとCO2が出てしまう。このようにエコカーは「社会的視点」で環境によいかどうかを見る必要がある。

  

 

(アナ)

今後エコカーをどう育てる?

 

(むろ)

(P5出る)

自動運転などの流れから見ると、燃料電池車やEVなどの「電動化」は避けて通れない。EVのばあい、うまくゆっくり育てれば、自動車メーカー以外の新産業の育成につながる。また燃料電池車の場合は「水素社会」という新しい社会システムにつながる。わたしたちはエコカーを社会的な視点でも捉え、上手に育てていく必要がある。

 

(アナ)

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暮らし解説「どうなってるの?エコカー開発」2017.10.18午前10.05-生放送)

エコカー開発が複雑化している。2年前のフォルクスワーゲンの排ガス不正事件に端を発し、中国を含む世界各国が電気自動車(EV)に大きくかじを切ったからだ。日本は今まで、ハイブリッド車、燃料電池車、EVなど、満遍なくエコカーを開発してきたが、今後EV生産拡大など、自動車産業に大きな影響が出る可能性がある。しかし、エコカーはEVだけでなく、燃料電池車、プラグインハイブリッド車など、様々なものがある。それぞれメリットデメリットがあり、単独では環境問題やエネルギー問題には対応できない。たとえばEVの場合は、発電をどのようにするかでむしろ環境問題を悪化させる心配がある。また、燃料電池車は水素やインフラをどう作るかなどの課題があり、議論すべき点は多い。エコカー開発はどうなるのか?日本はどうすべきか?加熱するエコカー競争の現状を市民の目で検証する。(関東地方は放送がありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「“予知”からの転換 大規模災害にどう向きあう」9.18(月)11.00-生放送

総合

918(月・祝) 午前1100分~1154

出演

司会:西川吉郎解説委員長、岩渕梢
今井純子・清永聡・後藤千恵・松本浩司・室山哲也・山﨑登

地震防災の考え方が大きく変わろうとしています。
これまで国は、東海地震について、40年近くにわたり「予知できる」ことを前提に対策をとってきました。
しかし今後は、「予知はできない」という考え方に立って、どのように被害を最小限にとどめるのかという対策に、大きくかじをきろうとしているのです。
これまでの「予知」の功罪とは。これからの地震対策はどうなるのか。

そして近年は、地震にとどまらず、局地的豪雨や火山の噴火など、大規模な災害が日本列島で相次いでいます。
少子高齢化など、大きく日本の社会構造が変わる中、こうした災害に対して、我々はどう対応していくべきなのか。
解説委員が生放送で徹底討論します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕方ホットトーク放送(6/26-29 1730過ぎからラジオ第一)

6/26(月)

「どう創る?高齢者コミュニティ~CCRCで見えてきたもの」

(三菱総研主席研究員 松田智生さん)

超高齢化社会を目前にして、「日本版CCRC構想」が注目されている。高齢者が自らの経験やノウハウで地域参加し、若い世代とつながり、福祉社会のけん引役にもなろうというもの。しかし同時に数々の課題も浮き彫りになってきた。「高齢者が輝く社会」とはどんな社会か?その現状と課題を、プランの推進役の松田さんに伺う。

 

6/27(火)

「人工知能とどう向き合うか」(慶應義塾大学教授 新保史生さん)

知能ロボットやAIなどの急速な進歩で、私たちの日常生活が急速に変わりつつある。テクノロジーの進歩に、法律や社会はどう追いつき、対応したらいいのか。ロボット法学会などで活発な議論を展開している新保さんに、現状と今後をうかがう。

 

6/28(水)

「人間拡張学誕生」(東京大学大学院教授 暦本純一さん)

ARVRなど情報科学の進化は、人間の脳と心を変え始めている。若者は、スマホと一体化し、ある種のサイボーグ人間になりつつあるともいえる。東京大学では「人間拡張学」という新しい学問をつくり、テクノロジーが、人間の脳や心与える影響についての検討を始めた。暦本教授にその内容と今後を伺う。

 

6/29(木)

「隕石衝突から人類を守れ」(JAXA宇宙科学研究所准教授 吉川真さん)

5月中旬、東京の科学未来館で「小惑星衝突を予測し、対処する方法を考える国際会議」(アジア初)が開かれた。現在地球に接近する小惑星は16000個発見されているが、それ以外にも軌道が読めない数多くの小惑星が存在し、決して安心できる状況ではないという。会議を主宰した吉川さんに、小惑星衝突をめぐる現状と課題を伺う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧