日記・コラム・つぶやき

ラジオ深夜便2017.6.1(木)1.05-「サイエンスは今」40分放送

ラジオ深夜便で40分ほど、科学や技術の現状と人間社会のあり方なんかを話します。おきていらしたらお聞きのほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キラリ「いん石衝突から人類を守れ」2017.5.23

「およそ6500万年前、直径10キロもの小惑星が地球に衝突。地球規模の気候変動がおき、恐竜が絶滅するなどの大惨事となりました。」(TM

(アナ)

地球に接近する小惑星を把握し、被害を最小限に抑えるための国際会議が、先週東京で開かれた。室山解説委員。どんな会議?

(むろ)

「プラネタリー・ディフェンス・カンファレンス」という会議で、世界各地で2年おき開催。欧米以外ははじめて。今回は東京で開催された。小惑星衝突は、稀な出来事だが、起きると深刻。200人の科学者たちが、熱い議論をかわした。今回の特徴は、研究発表とともに、衝突シミュレーションを設定して議論した点。直径270mと100mの双子惑星が、2027年に地球(東京)に衝突するシナリオ。科学者たちが、いつまでに何をどうすべきかを意見交換した。

(アナ)

小惑星はどこからくる?

(むろ)

主に、火星木星間の「小惑星帯」から来る。数百万個の小惑星があるといわれ、そこから一部が地球方向に落下してくる。現在、地球に接近する可能性があるものが16000個知られているが、これらは軌道がわかっており、衝突の危険性はとりあえずないとされている。しかし、これ以外にも未知の小惑星が数多くあり、観測を続ける必要がある。

(アナ)

どう観測しているのか?

(むろ)

世界に数箇所あるが、日本(岡山県)にもある。夜に望遠鏡を宇宙に向け、天体の動きをウオッチ。通常星は動かないが、その中に変則的な動きをするものがある。それが地球に接近してくる小惑星で、それを判別して軌道計算をする。

(アナ)

地球衝突で地球はどうなる?

(むろ)

大きな小惑星は、クレーターの形で地表に痕跡を残している。大きなものは180以上知られている。最近の衝突では、1908年、ロシアのツングースカで、直径60mの小天体が、大爆発を起こした。その爆風で、東京都の大きさの面積の森林が倒壊した。また、2013年には、ロシア南部のチェリャビンスクに、直径17mの小惑星が飛来し、上空で爆発。その衝撃波で建物の窓ガラスが割れ、1500人以上の人がけがをした。じつはこの天体は、衝突の1年前に発見され、地球を通過すると予測されていたが、軌道が変化し、地球に衝突した。

(アナ)

被害は隕石の大きさごとにどう違うのか?

(むろ)

直径10m以内のものは常時落ちてくるが、大気圏で燃え尽きるため心配はない。100mの隕石は数百年に一回落ち、県単位の被害。1kmなら数十万年に一回で大陸規模の被害。10kmのものは1億年に一回で、地球規模の被害が出る。6550万年前、メキシコのユカタン半島にこの大きさのものが落ち、恐竜が絶滅した事実もある。

(アナ)

衝突回避はできるのか?

(むろ)

いろいろな方法が議論されている。たとえば、事前に小惑星に衛星を接近させ、核爆発で軌道を変える。このほかにも、レーザー、機体衝突、捕獲、質量の大きな衛星の引力で引っ張る、ソーラーセイルを設置し太陽風で動かすなど、いろいろな手法が議論されている。しかし小惑星をばらばらにするとかえって危険なので、コントロールされたエネルギーで小惑星の軌道をうまく変更させ、地球衝突を回避することが重要。

(アナ)

今回は、シミュレーションの結果どの手法を選んだのか?

(むろ)

「核」+「(機体衝突)インパクター」で回避することを選択した。しかし核の二次被害などについても、細かい議論が行われた。

(アナ)

これらのアイデアは本当に可能なのか?

(むろ)

実は、一部がすでに実証済み。2005年、アメリカが行った「ディープインパクト計画」で、気体の一部を彗星に衛星を接近させることに成功している。

(アナ)

わたしたちは隕石衝突のリスクにどう向き合えばいいか?

(むろ)

基本的には、過度な心配は無用。しかしこのテーマは、人類が一体になれる数少ないテーマなので、これをきっかけに地球規模の防災システムを考えるなど、いい機会にすればよいと思う。日本は、探査機はやぶさなどで、この分野で先行しており、世界に貢献できるだろう。

(アナ)

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くらし解説「隕石衝突から人類を守れ」2017.5.23(火)10.05-10.15生放送

地球に接近する小惑星を把握し、衝突の可能性を最小限に抑えるための国際会議が、5月に東京で開かれました。

今後、地球の公転軌道の800万キロ以内を通過する小惑星は1600個以上発見されており、非常に低い確率ではあるが、地球に衝突する可能性がある。

しかし、歴史を見ると6500万年前(直径10キロ隕石で恐竜絶滅)、1908年(ツングースカ大爆発で広範囲森林倒壊)、2013年(ロシア上空隕石爆発で1500人以上がけが)などがあり、決して安心できるわけでもない。

国際会議では、10年後に衝突可能性がある小惑星を設定し、衝突場所の特定、住民避難までのシミュレーションも実際に行います。

小惑星衝突に備える研究や対策はどこまで来ているのか?

国際会議を軸に、その現状と今後の課題を解説します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホットトークはインターネットでも聞けます。

ホットトークはホームページに放送日の夜にアップされます。

http://www4.nhk.or.jp/hitokoto/364/

こちらからもお聞きください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕方ホットトーク生放送2017.4.3(月)-6(木)17.30過ぎからラジオ第一

ラジオ放送の予定です。

夕方ホットトークの放送範囲は・・ ●ラジオ(17.30-17.45放送) (月-金)近畿、東海3県、九州、仙台+盛岡以外の全国放送(A) (木)(A)+北海道、福島以外の全国放送 (金)(A)+広島、岡山、福島、四国以外の全国放送

●インターネット(らじるらじる)はどこでも聞けます

夕方ホットトーク2017 4/3(月)

「宇宙エレベーターが切り開く世界」(宇宙エレベーター協会会長 大野修一さん)

ロケットに物資や人間をのせて運ぶ代わりに、宇宙空間を回る衛星から丈夫なひもを垂らし、地上に固定することで、エレベーターのようにモノを運んだり、行き来できる「宇宙エレベーター」が注目されている。日本や海外で頻繁に技術コンテストが開かれ、経営戦略に組み込んだゼネコンも現れ、現実味を徐々に帯びてきた。夢の技術「宇宙エレベーター」がどこまで来ているのか?現状と課題を伺う。

● 4/4(火) 「ここまで来た!自動運転」(国際モータージャーナリスト 清水和夫さん)

自動運転が日進月歩で進化を続けている。自動運転タクシーの実証実験に続き、公道での無人バスの実験も始まり、ますます現実味を帯びてきた。しかし、自動運転実現のプロセスに横たわる課題も浮き彫りにされ、「ドライバーの心を読む」AIの開発など、技術開発は新局面に入っている。自動運転開発の現状と課題を伺う。

● 4/5(水) 「南極で何が起きているのか?」(国立極地研究所教授 伊村智さん)

巨大な棚氷にひびが入り分離の危険性が出るなど南極に異変が起きている。今後、分離すればせき止められている内陸部の氷河が海に流出する恐れがあり、地球の海面が10センチ上昇するという。おりしも今年は南極観測60年。南極研究で分かった地球温暖化の研究成果とともに、南極の異変の現状について伺う。

● 4/6(木) 「北極圏にどう向き合うのか」(政策研究員政策研究大学院大学副学長 角南篤さん)

北極海の氷が温暖化で縮小を続けることで、世界の化石燃料の1/3もの資源が姿を現し、利権をめぐる世界各国の駆け引きが熾烈化している。一方で地球温暖化や生態系にも深刻な影響が懸念され、北極圏にどう向き合うべきかが大きな課題になってきた。日本はそして世界は、北極海の異変にどう向き合えばいいのかを伺う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くらし解説「進化する合成音声」3/3(金)10.05-10.15NHKGTV

コンピュータを利用した合成音声が急速に進化している。今まで合成音声といえば無機質な機械音だったが、人工知能関連技術を使い、録音されたある人物の声をもとに、口やのどの形、筋肉の動きを解析し、声質、抑揚、リズムなど、本人そっくりの声を、自由自在に再構成できるようになった。すでに数十人の声が再現され、新しいエンターティンメントとして、世界からも注目されている.また、喉頭がんで声帯を摘出した患者の声を再現するなど、医療や福祉分野でも応用が始まっている。しかしこの技術は、新手の「おれおれ詐欺」や犯罪につながる可能性もあり、今後対策が必要になる側面もある。IT技術が切り開く合成音声研究の最先端と、今後の課題を解説する。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日と明後日のラジオ(17.30頃から15分間生放送:一部の地域で脱放送あり)

あけましておめでとうございます。

今日と明後日のラジオ(17.30頃から15分間生放送:一部の地域で脱放送あり)で次のようなお話をお聞きします。

お時間があればぜひお聞きください。

本年がよい年になりますよう、心からお祈りしています。

 

1/4(水)

「COP22終了 どうなる?温暖化対策」(国立環境研持続可能社会システム研究室長 亀山康子さん)

1118日、COP22が終了。参加各国はパリ協定の精神を実行に移すためのルール作りに取り掛かった。しかし、その矢先、アメリカ大統領選でトランプ候補が勝利するなど、一気に見通しが不透明になった。今後の温暖化対策はどうなるのか?最新情報を交え、今後の展望と課題を伺う。

 

1/6(金)

「サンゴ礁から見た地球温暖化」(東京大学大学院理学系研究科教授:茅根創(かやねはじめ)さん)

地球温暖化で世界各地の自然環境に影響が始めている。とくにサンゴへの影響が深刻で、ハワイ、オーストラリア、沖縄などのサンゴ礁8割がすでに「白化」しているという。サンゴ礁は海の生物の1/4が生息する「オアシス」のような場所。海に何が起きているのか?今後どうすればいいかについて伺う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解説スタジアムスペシャル「2017世界と日本 安心・安全は」2016.12.28

室山は第3部に出ます。

総合

12月28日(水) 午後11時55分~翌29日(木)午前4時00分
出演
司会:西川吉郎解説委員長、岩渕梢
安達宜正・石川一洋・板垣信幸・出石直・今井純子・岩田明子・合瀬宏毅・太田真嗣・片岡利文・加藤青延・鎌田靖・刈屋富士雄・清永聡・後藤千恵・島田敏男・関口博之・髙橋祐介・竹田忠・土屋敏之・津屋尚・出川展恒・道傳愛子・中村幸司・中谷日出・名越章浩・西川龍一・二村伸・早川信夫・広瀬公巳・藤野優子・増田剛・松本浩司・神子田章博・水野倫之・三輪誠司・村田英明・室山哲也・百瀬好道・柳澤秀夫・山﨑登 各解説委員

激動の1年となった2016年。アメリカ大統領選挙ではトランプ候補が勝利、イギリスはEU離脱を選択、世界各地でテロが続発し、日本人が犠牲となる事件も起きました。日本では、熊本地震や台風10号による災害、相模原の障害者施設の殺傷事件など、社会を揺るがす出来事が相次ぎました。不透明感が漂う中、2017年、私たちの安心・安全な暮らしをどう守るのか。国際社会と安全保障はどのような方向に向かうのか。NHKの解説委員が専門知識を生かし、徹底討論します。番組では視聴者の皆さんからのご意見やご質問を紹介するほか、リアルタイムのアンケート投票も行います。

第1部 激論!国際社会と安全保障
第2部 暮らしの安心・安全は
第3部 “ゆたかな未来”にむけて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時論公論「COP22終了 どうなる?温暖化対策」23.55-0.05(今夜)NHK総合生放送

モロッコで開かれていたCOP22が終了した。今後世界は温暖化対策の本腰を入れることになる。しかし同時に様々な課題が。。。

 

一つ目は、現在の各国の削減目標がすべて実行されても、温暖化被害を防ぐ「気温上昇2度」は達成できないこと。二つ目は、1月に就任する、ドナルド次期米国大統領の影響。

トランプ大統領が誕生すると、その任期内に、パリ協定からの離脱は理論上は可能で、それどころか、パリ協定の前提の「気候変動枠組み条約」からの離脱の可能性すらある。

また、仮に離脱がなくとも、パリ協定の規定では、目標数値を実行する義務はないため、

アメリカの温暖化対策は後退し、世界の温暖化対策に大きな影響が出る可能性が高い。

今後の地球温暖化対策はどうなるのか?

その現状と今後の課題を解説する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時論公論「パリ協定発効 日本の課題は?」2016.11.4(金)23.55-0.05生放送

地球温暖化対策の新しい国際ルール「パリ協定」が11/4発効する。今後、世界各国は「各削減目標の実施」「気温上昇2度(1.5度)未満実現」「今世紀後半CO2ゼロ」など、温暖化防止に向けた重い責任を負うことになる。しかし、たとえ現在の削減目標がすべて実現されても、2度目標には届かず(3度前後に上昇)、今後各国は、5年ごとにより高い目標を提出していく必要に迫られることにもなる。

そんな中、この数年、大気の温暖化を食い止めてきた海の動き(ハイエイタス)が終息し、今後温暖化が加速する恐れがあるという新しい研究成果も出てきており、

事態はますます複雑化、深刻化している。日本は「2030年度26%」の削減目標を掲げているが、電源構成(原発、石炭火力発電の比率)の実現可能性についての批判もあり、課題が多い。今後は、再生可能エネルギーをはじめ、水素技術、バイオマスCCSなど、革新的技術の開発をおこない、対策を加速させる必要がある。

パリ協定発効が引き起こす、今後の課題を解説する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧