« 10年前、僕の心が変わった。2021.3.11 | トップページ | 8月6日の記憶 »

立花さん、安らかにお眠りください。

立花隆さんが亡くなっていたとのニュース。愕然とした。このところ音信がないので、どうされているのかと思っていた。立花さんとはNHKスペシャル人体「脳と心」の時以来のお付き合いで、いくつも思い出がある。突然携帯に「タチバナです・・」と電話が来て、ぼそぼそと私に質問してきた。私が解説委員だったころ、テレビ出演した時は「今見ている。面白い」とメールをくださった。退職時も「これからは自由で面白いぞ」と激励してくださった。NHK理事が表敬訪問したいといった時は、忙しいからと断るくせに、若輩ディレクターだった私のロケ(高野山での空海の修行の脳科学実験)には一升瓶2本を携えてふらりとやってきた。権威ではなく、好奇心に導かれた人だった。明け方4時まで泥酔し、文字と映像のパワーについて激論したこともある。私にとって、いや多くのジャーナリストにとって、頼りになる兄貴だった。顎に手を添え、上目遣いで話しかけてくる、茶目っ気のある顔が瞼に浮かぶ。立花さん、お世話になりました。どうぞ安らかにお休みください。

|

« 10年前、僕の心が変わった。2021.3.11 | トップページ | 8月6日の記憶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10年前、僕の心が変わった。2021.3.11 | トップページ | 8月6日の記憶 »