« 「原爆が分けた人生の光と影」2020.8.6 | トップページ | 「情報発信者と科学:現代日本の科学ジャーナリズム」 »

温暖化懐疑論にどう向き合うか?

日本科学技術ジャーナリスト会議 会員各位

■■202010月例会案内■■

温暖化懐疑論にどう向き合うか?

 

講師: 江守正多さん(国立環境研究所地球環境研究センター副センター長)

日時: 2020年10月16日(金曜日) 午後700900

場所: ZOOM開催

 

 地球温暖化に対する懐疑論や否定論が、再び活発化してきています。温暖化懐疑論は2007-2009年頃、社会的関心を集めたことがありましたが、その後は散発的になりました。ところが最近イギリスのGWPFや日本のIEEI(国際環境経済研究所)が系統的な温暖化懐疑論を主張し始め、次第に社会的な注目を集めだしています。温暖化懐疑論がなぜ復活するのでしょうか?その論点を整理し、最近の科学的知見を紹介しながら、地球温暖化への正しい向き合い方についてお話を伺います。

担当JASTJ企画委員長 内城喜貴

江守正多さん(えもり・せいた)さん 略歴:

1970年神奈川県生まれ。1997年に東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程にて博士号(学術)を取得後、国立環境研究所に入所。2018年より地球環境研究センター 副センター長。社会対話・協働推進オフィス(Twitter @taiwa_kankyo)代表。専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第5次および第6次評価報告書 主執筆者。著書に「異常気象と人類の選択」「地球温暖化の予測は『正しい』か?」、共著書に「地球温暖化はどれくらい『怖い』か?」「温暖化論のホンネ」等。

 

※参加ご希望の方は下記URLに10月9日(金)までにお申し込みください。会員以外の方もJASTJの活動へのご賛同、ご支援としてご寄付をいただく形で参加いただけます。(勤務先など、ご所属をご明記いただきます)。学生は500円、社会人は1000円です。振込み口座は申し込みされた非会員の方にメールでお知らせします。

(会員と塾開催期間中の塾生は無料です)

 

申し込みURL:  http://bit.ly/jastj-202010m

参加方法は申し込みフォームに入力されたメールアドレス宛にお送りします。

|

« 「原爆が分けた人生の光と影」2020.8.6 | トップページ | 「情報発信者と科学:現代日本の科学ジャーナリズム」 »

シンポジウム、講演活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「原爆が分けた人生の光と影」2020.8.6 | トップページ | 「情報発信者と科学:現代日本の科学ジャーナリズム」 »