« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

第一回小学生ロボコン始まる!2020.4.27

NHKのEテレで「   の放送。おお!ついにここまで来たか!NHKのロボコンは、高専大会、大学大会、中学ロボコン、ABUロボコンなど多岐にわたるが、低年齢化し、ついに小学生ロボコンも始まったというわけだ。とてもうれしい!というのも、僕は解説委員になる前は科学番組やNHKエンタープライズのプロデューサで、ロボコン担当もしていたからだ。業務を通じて若者たちの夢や喜び、血と涙の努力、感動のシーンをたくさん見てきた。ロボコンは、「自分で考え自分で作る」という、人間の本質に根差したイベントだ。ものつくりを通じて人を成長させていく。ますますの発展を祈りたい。(以下以前書いた文章)

 

ABUロボコン誕生の夜2019.9.23
今年もABUロボコンの放送が始まった。今年はモンゴルでの開催。昔と同じ瞳をした若者たちが、熱い戦いを展開しているテレビの映像を見て、ふと昔のことを思い出した。
今から20前、渋谷の路地裏の、傾きかけたおんぼろ料理屋の2階で、ABUロボコンは生まれた。当時私は、ロボコン担当プロデューサー。NHKの科学番組部から、人事異動の命令を受けて2年目だった。NHKが事業としてかかわっている3つのロボコンを維持する為に東奔西走していた。その3つのロボコンの中に、資金繰りが最もむつかしく、お先真っ暗なロボコン(大学部門国内大会)があった。人事異動直後、NHKのお偉いさん達は、私に、このイベントは廃止せよと告げていた。しかし私は抵抗し、国内大会を「国際化」することで生き延びようともがいた。突破口は見つからず、もうだめかと思っていた矢先、NHK会長の特命を受けたある人物(後の理事)と、たまたま酒を酌み交わす機会があった。ほろ酔いの中、「何かNHKが世界に貢献出来ることはないか」と問われ、私は「ロボコンをアジア各国の若者でやりたい」と直訴した。酒の宴がすすみ、ほかの話題に話が進み、その日はそれで終わった。翌日、その人物から、ABU(アジア太平洋放送局連合)の事業として展開できるかもしれないとの電話が入った。驚く私をよそに、事態はあれよあれよと展開し、1週間後、なんとABU理事会で決定してしまった。朝、出社した私に、現地滞在中のNHK会長側近から電話を頂き、呆然としながらその結果を知った。その後、ロボコン関連の何人ものプロデューサーたちと、世界各国を走り回り、ロボコンの内容を説明し、実現方法を説いて回った。「アジアの青少年を育てる教育イベント」をつくりたいという一心だった。
あれからずいぶん時が流れ、ABUロボコンは、アジア太平洋各国の中に、またたくまに広がっていった。「自分の頭で考えて、自分の手でつくる」このロボコンの精神が、アジア太平洋の若者たちの心に火をつけ、大きく成長したのだと思う。ロボコンはものつくりを通じて人を育てる。揺れ動く世界。願わくばこのイベントが、単なる国威発揚の場になるのではなく、アジアの大人たちが共同して、若者たちを育てていく、愛に満ちた教育の場になることを、心の底から願っている。

Img_2003 

| | コメント (0)

「大国エゴが目に余る」2020.4.16

新型コロナウイルス拡大の地の中国は、国際社会に謝罪すらせず、むしろ政治的にこの事実を使おうとしている?(報道ベース)。アメリカのトランプ大統領は、自らの対応の遅さをよそに、WHOへの支出金をストップするという暴挙に出た。WHOには私も若干の疑問はあるが、今それをやってはいけないのは子供でも分かる。大国のおろかな振る舞いが世界を混乱させ、「国際連携」という言葉が遠くにかすむ。日本もまた不透明な霧の中。科学を政治に優先することこそ重要なのに、どうしてそれができないのだろう。

| | コメント (0)

新型コロナ「国の動きの遅さは、一体何なのだろうか?」2020.4.14

各自治体の首長が、それぞれ個別にリーダーシップを発揮しようと奮闘している中、全体を束ねる国の動きの遅さは、一体何なのだろうか?法律に縛られ、経済影響を恐れ、生命優先の有効な手が出せないメカニズムとは何か?国家のトップの判断とダイナミックな行動が、日本全体を引っ張り、組織化し、地域社会の行動を促す形にならなければならないのに、下から突き上げられて、いやいや動いているようにすら見える。古いルールを乗り越えられず、危機に適切に向き合えず、現場に物事を丸投げし、混乱が続く情けない風景。政治家たちは、こんな時こそ大活躍しなければならないのに、目立った動きを見せない。国会の感染対策でドタバタし、いまごろになって人数削減を議論している。何をかいわんや。頼りないなあ、情けないなあ。

| | コメント (0)

『JASTJ COVID-19 科学ジャーナリストのための情報整理』2020.4.7

私の属している日本科学技術ジャーナリスト会議(JASTJ)では、新型コロナウイルス関連の、信頼できる科学情報のサイトを作りました。ぜひとも参考にしてください。
 
『JASTJ COVID-19 科学ジャーナリストのための情報整理』
URL: https://note.com/jastj
 
主な内容:
・科学情報、科学データ、科学論文、感染拡大防止の啓発活動などの情報を収集します。
・会員が執筆した科学的信頼性の高い解説記事を掲載いたします。
 
 
これまでに掲載した内容:
<科学論文>
・COVID-19コロナウイルスは自然起源である(Nature Medicine, 2020.3.17)
<科学データ・報告データ>
・検査数、感染者数、死者数など 世界のデータ
・検査数、感染者数、死者数、病床使用率など 日本のデータ
・各国のPCR検査状況
<科学的知見にもとづく個別の解説記事>
・『緊急事態宣言による長期的健康影響:自粛中の注意点』 越智小枝
・中国のデータによると新型コロナ感染者の5分の4は無症状(the BMJ, 2020.4.2)
・『BCGワクチンは、新型コロナウイルスを予防するのか』越智小枝
<主要な科学情報サイト>
・「新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会」がnoteで情報発信を開始
・新型コロナクラスター対策専門家がtwitterアカウントを開設
・日経バイオテク 『新型コロナウイルスUPDATE』
<感染拡大防止のコミュニケーション>
・科学コミュニケーションに関する有志グループ 『発信力をお持ちの皆様へ』
・日本赤十字社 『新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~』

| | コメント (0)

コロナウイルスの緊急事態を逆手に取る教育を目指そう!2020.4.7

子供たちが家にこもり、ゲームをやったり庭で遊んだりしてだらだらと時間をつぶしている。またカリキュラムに沿って学校の授業のおさらいや予習に余念がない子もいるかもしれない。しかし、視点を変えれば、この状況は重要な「学び」の絶好のチャンスにもなる。ウイルスや感染症を知ることは、生命とはなにか?進化とはなにか?人間とは何か?という深い学びの入り口でもあり、さらに、災害や感染症などのリスクに強い社会、人間のコミュニケーションの在り方について考えるきっかけともなる。災い転じて福となす。このウイルス騒動を逆手に取り、グローバル時代に生きる子供たちの深い思索を促すきっかけとして、学習を組み立てることが重要なのではないでしょうか?その学びは、断片的な今までの学習を一つのベクトルとしてまとめ、未来を生きる子供たちの指針となるかもしれません。

| | コメント (0)

しっかりしろ!NHK2020.4.3

新型コロナウイルスに関する番組を見ていると、情報が混とんとして世論が浮ついている。こんな時こそNHKなのに、NHKの存在感をあまり感じない。一体何をしているのか?既存の番組でバラバラやるのではなく、災害の時の方法も取り入れ、何がどこまでわかり、何がわからないのか?対応の動きがどうなっており、行政が何をしなければならないのか?市民は何をどうなすべきかを、恒常的で大胆な編成枠を作り「情報の灯台」としての責任を、もっと果たすべきではないだろうか。

| | コメント (0)

ユーチューブチャンネル始めました!

https://www.youtube.com/channel/UCXaEZo-8R1qdXKSGklMM5UA

ぜひともご覧ください!

チャンネル登録もお願いします!!

 

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »