« 日本科学技術ジャーナリスト会議塾の修了式2020.2.13 | トップページ | なぜ日本人は委縮するのか?2020.2.15 »

JASTJ緊急講演会 「どうなる?「日本版NIH」の未来」2020.2.20(木) プレスセンター10Fホール

日本科学技術ジャーナリスト会議                2020211

会員各位

  • ■ 緊急講演会のご案内 ■■

どうなる?「日本版NIH」の未来

〜山中伸弥教授のiPS細胞備蓄事業報道の背景を含めて〜

 

講師: 末松誠氏(国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 理事長)

日時: 2020年220日(木曜日) 午後400600

場所: 日本プレスセンター  10階ホール(B

   (東京都千代田区内幸町2—2—1

 

 日本医療研究開発機構(AMED)は、20154月に米国立衛生研究所(NIH)を手本にして発足した医療研究分野のファンディング・エージェンシー(予算配分機関)です。従来の文部科学省、厚生労働省、経済産業省に分散していた医療研究予算を束ね、一元管理することで「基礎から臨床応用までの医療研究を一気通貫に支援し、一日も早い成果の社会実装を目指す」としてスタートしました。

 その後の5年間で、積極的な創薬支援、国際連携データシェアリングによる未診断疾患の早期診断、オーダーメイドゲノム医療の基盤となるバイオバンクの構築など、一定の成果を上げてきました。

 しかしながら、昨年11月には山中伸弥教授(京都大学iPS細胞研究所長)が進めるiPS細胞備蓄事業の見直しについて、「一部の官僚が夏に同研究所を訪れ、透明性の高い議論を経ずに、いきなり減額すると言った」ことが明らかになり大きな波紋が広がるなど、ここにきて、政府による不透明な予算決定プロセスや、AMEDの運営方法に議論が生じる事態になっています。

 AMED2020年度から第2期健康・医療戦略に即した第2期中長期計画期間に入ります。そこで、末松誠理事長を迎えて、この5年間を振り返るとともに、現状と課題、医療研究開発の本質に根ざしたファンディング・エージェンシーのあり方について、お話しいただきます。

 

氏名 末松 誠(すえまつ・まこと)さん

略歴:1983年慶應義塾大学医学部卒、カリフォルニア大学サンディエゴ校応用生体医工学部留学、2001年慶應義塾大学教授(医学部医科学教室)、07年文部科学省グローバルCOE生命科学拠点代表者、慶應義塾大学医学部長、科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(ERATO)「末松ガスバイオロジープロジェクト」研究統括。154月から現職。専門は代謝生化学。

                         担当 JASTJ副会長 瀧澤美奈子

 

※参加希望の方は下記URL先に、 2月19日(水)までにお申し込みください。会員以外の方の参加も可能です(勤務先など、ご所属をご明記いただきます)。

 

https://forms.gle/wGu9wgvrV28YPCcK6

 

※会員と塾開催期間中の塾生は無料。その他の方には参加費1,000円をいただきます。

 

 

 

事務局:日本科学技術ジャーナリスト会議

日本プレスセンタービル8階 818(東京都千代田区内幸町2—2—1

H: https://jastj.jp/  Mail: hello@jastj.jp

|

« 日本科学技術ジャーナリスト会議塾の修了式2020.2.13 | トップページ | なぜ日本人は委縮するのか?2020.2.15 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本科学技術ジャーナリスト会議塾の修了式2020.2.13 | トップページ | なぜ日本人は委縮するのか?2020.2.15 »