« ABUロボコン誕生の夜2019.9.23 | トップページ | モビリティシンポジウムとミュージカル観劇2019.10.1-2 »

「温暖化防止はセクシーに」に思うこと2019.9.25

小泉環境大臣がNYで「温暖化対策をセクシーに」といった言葉がマスコミで議論されています。私はその言葉の裏には「息の長い温暖化対策をするには、我慢だけではだめで、新しい文明や生活への心のシフトチェンジが必要だ」というメッセージがあるのではという気がします。数年前に書いた文章を添付します。

地球温暖化防止を楽しもう!(NHK解説委員 室山哲也)

最近、子供たちと環境問題の話をしていて、気になることがあります。それは「温暖化防止」のイメージを、「辛い」「暗い」「苦しい」ものだととらえていることです。「車に乗れず」「いつでもクーラーを使えず」「物を浪費できない」人生。右肩下がりの悲壮感に満ちた、夢のない苦行の日々・・まるで疲れた中年のサラリーマンのようなことを言う子がいます。

彼らは、大人から何をどのように教わったのでしょうか?情報としては確かに正しいかもしれません。クーラーは、お年寄りのような方には欠かせないものだということもわかります。

しかし私は、大切なことがすっぽりと欠けているにおいを感じます。それは、「自分の足で歩いたり、自転車に乗ること」や「汗をかくこと」がいかに爽快で、愉快で、素敵なことかというポジティブな態度です。

以前、動物学者の友人が「動植物が好きな子は、環境問題を身体で理解している」と言いました。生き物や自然のかけがえのなさを知る子供は、自分が何をなすべきかを自然に見つけ出すというのです。

私たち大人が、今、子供にしっかりと伝えておかなければならないこと。

それは「・・してはいけない」ということよりも、「・・することがいかに楽しい」かという視点ではないでしょうか。

地球温暖化防止は、これから長期間人類がとり組んでいく、息の長い社会運動です。次世代、次々世代と、教育で、その思いをつないでいかなければなりません。そのためには大規模は消費文明のコンセプトに修正を加える必要があります。地球温暖化について学ぶことは、美しい地球の中で、生態系のバランスを崩さず生きていくことの大切さ、素晴らしさ、感動を再確認する、絶好のチャンスという側面があります。地球というシステムのすごさ、生き物の素晴らしさを、子供たちに伝えることは、真の意味で地球温暖化防止を進めていく、原動力になっていくのではないかと思うのです。

 

|

« ABUロボコン誕生の夜2019.9.23 | トップページ | モビリティシンポジウムとミュージカル観劇2019.10.1-2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ABUロボコン誕生の夜2019.9.23 | トップページ | モビリティシンポジウムとミュージカル観劇2019.10.1-2 »