« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

「神の指先」の伝説の医師、滝澤先生と飲み会2019.6.22

「レーザーメス:神の指先」の主人公の滝澤利明先生ご家族。作家の中野不二男さん。NNHKの先輩の北川プロデューサーと、楽しくも愉快な時間を過ごしました。滝澤先生、おくさま。お元気そうで何よりでした。

A1cwz6fuaql

| | コメント (0)

日本科学技術ジャーナリスト会議月例会「SDGsは人類の未来を切り開くか」2019.6.21

夕方から、プレスセンターで、日本科学技術ジャーナリスト会議月例会が行われました。今回は慶応大学の蟹江憲史教授にお越しいただき、「SDGsは人類の未来を切り開くか」というテーマで講演していただきました。会場はほぼ満員で、現役の新聞記者やテレビプロデューサも参加して、活発な議論が行われました。蟹江先生お疲れさまでした。例会後のビールがおいしかった!

Cygqdsfusaanmtc  

| | コメント (0)

三鷹市民大学で「脳と心の不思議」について講義しました2019.6.21

三鷹市民大学で、「現在社会を哲学する~脳と心の不思議」というテーマで講義しました。皆さん熱心の授業の参加。深い議論が展開されました。

| | コメント (0)

人生初めての心臓カテーテル治療2019.12-15

不整脈(心室性期外収縮)が出てきたので、人生初めての心臓カテーテル治療(アブレーション)をうけた。股や首の動脈や静脈からカテーテルを入れ、不整脈の震源を探り、そこを焼くことで正常な信号の回路を再生させるのだそうだ。治療の途中で心臓内部が少し傷つき、心タンポナーデという状態になり、心臓と心臓膜の間にたまった300CCの血液をチューブで吸い出し、体に戻す状況に落ちいった。もともとカテーテル治療は(眠っては不整脈が出なくなることがあるので)意識があるまま治療を行う。心タンポナーデ になった時の苦しさは、人生初めてのものだった。幸い麻酔で対応し、血液をもとに戻し、何とか治療は終了。すべての震源を焼くことはできなかったがとりあえず4日の入院後退院し、今は回復しました。よかったよかった。

| | コメント (0)

「サイボーグ」の授業をしました2019.6.11

武蔵野美術大学で「サイボーグ技術の光と影」という授業をしました。

Y4pdvoo7j1glmx4veszhd5xhecat798aeggrzai2

| | コメント (0)

人工知能学会に参加2019.6.5

新潟市で行われた人工知能学会の参加。多くの研究者とお話をしてきました。若い人が多く、新しい研究のうねりがはじまっているという印象でした。

Dsc_0223 Dsc_0220 Dsc_0231

 

 

| | コメント (0)

倉敷と名古屋で講演をしました。

倉敷市環境衛生協議会講演「どうなってるの?地球環境問題」2019.5.31

内外情勢調査会四日市「AIで変わる私たちの未来」2019.6.4

Dsc_0216  

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »