« 国際社会の正義とは何だろう? | トップページ | ファシリテーション東京支部に参加2019.1.26(土) »

第1回「脱原発で脱炭素できるのか」2019.1.24(木)

■■20191月例会のご案内■■

JASTJ 25周年「未来をどう切り開くか」討論会(3回シリーズ)

1回「脱原発で脱炭素できるのか

時代の節目となる2019年にあたり、JASTJでは、科学や技術にまつわる社会問題を総括し、今後の科学ジャーナリズムの在り方を考える3本シリーズを企画します。第1回は、脱炭素社会の構築が世界の緊急課題となっていることから「地球温暖化とエネルギー」がテーマです。地球温暖化対策と脱原発は両立することが可能なのか? 講師は、この問題に長く取り組んできた横山裕道さん。お話ののち、会員間で自由闊達な議論を行います。こぞってご参加ください。

1時間講演+1時間QA、ディスカッションの予定)

 

講師: 横山裕道(よこやまひろみち)さん(JASTJ会員・元淑徳大学教授

(略歴)

1944年仙台市生まれ。東京大学理学部卒。同理学系大学院修士課程修了後の1969年毎日新聞社入社。東京・社会部を経て1984年科学部。同副部長、論説委員、科学環境部長兼論説委員などを歴任。2003年から淑徳大学国際コミュニケーション学部教授。2017年から2018年3月まで同大人文学部教授。現在、科学・環境ジャーナリスト、環境省「国内における毒ガス弾等に関する総合調査検討会」検討員、埼玉県和光市環境審議会会長。これまでに中央環境審議会特別委員・臨時委員、埼玉県環境審議会会長などを務めた。

著書『原発と地球温暖化 「原子力は不可欠」の幻想』(紫峰出版、2018年10月)、『気候の暴走 地球温暖化が招く過酷な未来』(花伝社、2016年)など

(コメント:柴田鉄治JASTJ理事)

 

日時: 2019124日(木) 午後630830

場所: 日本プレスセンタービル8階 特別会議室(東京都千代田区内幸町2-2-1

 

*今後のテーマ(予定)

2回「デジタル化する社会」(2月)

3回「生命科学と倫理」(3月)

 

  担当 JASTJ企画委員長 室山哲也

 

|

« 国際社会の正義とは何だろう? | トップページ | ファシリテーション東京支部に参加2019.1.26(土) »

シンポジウム、講演活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1回「脱原発で脱炭素できるのか」2019.1.24(木):

« 国際社会の正義とは何だろう? | トップページ | ファシリテーション東京支部に参加2019.1.26(土) »