« くらし解説「東京モーターショー:人に優しい自動車の未来は?」2017.11.16(木)10.05-生放送 | トップページ | 時論公論「ロボコン30年が残したもの」2017.12.5(火)23.55-0.05 »

キラリ「東京モーターショー:人にやさしい車の未来は?」2017.11.16

(アナ)

東京モーターショーが終了した。未来のクルマがずらり並び、未来社会も見えてきた。室山解説委員。印象は?

(むろ)

モーターショーは近未来の交通を見るよい機会。今日は「安全」「安心」の視点からモーターショーを見てみたい。東京モーターショーの客は77万人。EV、自動運転など、未来の車が並んだ。一人や二人だけ乗せる超小型自動運転車も、やがて日本の過疎地で走るようになるだろう。安全安心技術では、車内のエアバックが充実してきたほか、フロントガラスの外に歩行者用のエアバックも展示されていた。また空気なしタイヤで安定走行を実現したり、車体全体に衝撃を吸収する合成ゴムを取り付けた車も展示されていた。

 (アナ)

未来の自動車社会の課題とは?

 (むろ)

安全、安心は、特に日本では必要な概念。交通事故の死亡者数は減ってきているが、高齢者の比率は増加している。高齢者は体も弱く骨ももろいので、事故の衝撃を受けやすく、被害を軽減する必要がある。

 (アナ)

安全に運転させる技術(ソフト)はどこまで来ている?

(むろ)

ふみ間違いによる死亡事故見ると、高齢化の影響がはっきり出ている。衝撃吸収ボディも重要だが、何よりもぶつからない車=安全運転支援技術が重要。今後は周囲の環境の情報をより濃密に提供したり、ドライバーの体調管理などのIT技術も出てくるだろう。

モーターショーでは、AIがドライバーの表情や目の動きを察知して、覚醒の度合いを知るシステムが展示されていた。これを使えば、ドライバーの健康が急変したとき、アラームで起こしたり、自動運転に切り替えて路側に停車するなどが可能になる。また光を使って周囲にメッセージを出したり、ドライバーの心理をAIが記憶して、適切な運転支援をしたり、情報提供をする車も展示されていた。

 (アナ)

今後どうなる?

(むろ)

今後、自動運転が出てきても、人間と車の関係性が重要なのは変わらない。

健全な「ヒューマンマシンインターフェイス」を開発して、人間や社会が豊かにする車を望みたい。

(アナ)ありがとう。

|

« くらし解説「東京モーターショー:人に優しい自動車の未来は?」2017.11.16(木)10.05-生放送 | トップページ | 時論公論「ロボコン30年が残したもの」2017.12.5(火)23.55-0.05 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/66049875

この記事へのトラックバック一覧です: キラリ「東京モーターショー:人にやさしい車の未来は?」2017.11.16:

« くらし解説「東京モーターショー:人に優しい自動車の未来は?」2017.11.16(木)10.05-生放送 | トップページ | 時論公論「ロボコン30年が残したもの」2017.12.5(火)23.55-0.05 »