« 暮らし解説「どうなってるの?エコカー開発」2017.10.18午前10.05-生放送) | トップページ | 夕方ホットトーク放送11月6(月)-9(木)17.30頃から15分ほど生放送 »

キラリ「どうなってるの?エコカー開発」2017.10.19

CO2や排ガスの排出が少ないエコカー、特に電気自動車(EV)の開発が世界的に加熱している。私たちの暮らしとの関係は?室山解説委員。

 

(むろ)

最近、英仏が2040年までにガソリン車やディーゼル車の生産販売を禁止するニュースなど、世界に波紋が広がっている。その中で中国は新エネルギー車、特にEVの生産や販売に傾斜する方針を打ち出し、世界のエコカー開発の構図が急速に変化するのではと言われている。

(P2

現在ガソリン車の世界の販売は数千万台に登るが、エコカーの予測を見ると2030年過ぎに、EVがハイブリッドを追い抜くという試算もある。

 

(アナ)

今回の動きの背景は?

 

(むろ)

大きくみると地球温暖化や大気汚染の問題がある。環境問題から見ると、将来的にはCO2を出さないエコカーが求められる状況がある。

 

P3

しかしエコカーにはいろいろある。ガソリン車を基本に説明すると、軽油で走るクリーンディーゼル車は燃費もよくCO2も少ない。ガソリン車もハイブリッドやプラグインハイブリッドで電気とモーターを組み合わせれば、エコカーとして位置づけられる。電気自動車は電機とモーターだけで走り、燃料電池車は水素を入れ、燃料電池で電気を作りモーターで走る。これらは走行中は排出するCO2はゼロとなる。

今回の状況は、2年前フォルクスワーゲンがクリーンディーゼルのデータ不正事件をおこし、クリーンディーゼルの評価が大きく落ちたことで始まった。その結果、エコカー開発の構図が大きく変化し始めている。

 

(アナ)

エコカーはいろいろあるのに、なぜEVに傾斜?

 

 

(むろ)

P4

じつは政治的背景がある。各国のエコカー分布をみると、ヨーロッパはクリーンディーゼルとEV。アメリカはEV。日本は全方位で生産している。この状態でクリーンディーゼルの評価が下がり、欧米はEV重視の戦略に舵を切った形。なぜならハイブリッドや燃料電池車は日本が先行しているため、勝てないからだ。この流れに中国も乗り、EV生産、販売で将来の自動車王国を目指す方針をうち出した。EVは部品も少なく、まだ日本に太刀打ちできると踏んだからだといわれている。この結果、世界的にEVに注目が集まる状況が生まれた。

 

 

(アナ)

今後どうなる?

 

 

(むろ)

(P5

知っておかなければならないのは、走行中にCO2がゼロでも、社会全体から見たときエコかどうかという問題がある。たとえばEVのばあい、「走行距離短い」「充電時間」「コスト」などの課題とともに、どのように電気を作るかという問題がある。再生可能エネルギーなど、CO2を出さないシステムで作ればエコといえるが、石炭などの質の悪い化石燃料で発電するとそこでCO2が出るので、全体としてはエコとはいえない。燃料電池車も「水素インフラが少ない」「コスト」などの課題があるが、水素をどのように作るかが問題。たとえば風力発電などのエネルギーで水を分解して水素を作ればCO2は出ないが、化石燃料から作るとCO2が出てしまう。このようにエコカーは「社会的視点」で環境によいかどうかを見る必要がある。

  

 

(アナ)

今後エコカーをどう育てる?

 

(むろ)

(P5出る)

自動運転などの流れから見ると、燃料電池車やEVなどの「電動化」は避けて通れない。EVのばあい、うまくゆっくり育てれば、自動車メーカー以外の新産業の育成につながる。また燃料電池車の場合は「水素社会」という新しい社会システムにつながる。わたしたちはエコカーを社会的な視点でも捉え、上手に育てていく必要がある。

 

(アナ)

ありがとう。

|

« 暮らし解説「どうなってるの?エコカー開発」2017.10.18午前10.05-生放送) | トップページ | 夕方ホットトーク放送11月6(月)-9(木)17.30頃から15分ほど生放送 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/65935419

この記事へのトラックバック一覧です: キラリ「どうなってるの?エコカー開発」2017.10.19:

« 暮らし解説「どうなってるの?エコカー開発」2017.10.18午前10.05-生放送) | トップページ | 夕方ホットトーク放送11月6(月)-9(木)17.30頃から15分ほど生放送 »