« キラリ「どう実現?自動運転」2017.6.14 | トップページ | 「“予知”からの転換 大規模災害にどう向きあう」9.18(月)11.00-生放送 »

夕方ホットトーク放送(6/26-29 1730過ぎからラジオ第一)

6/26(月)

「どう創る?高齢者コミュニティ~CCRCで見えてきたもの」

(三菱総研主席研究員 松田智生さん)

超高齢化社会を目前にして、「日本版CCRC構想」が注目されている。高齢者が自らの経験やノウハウで地域参加し、若い世代とつながり、福祉社会のけん引役にもなろうというもの。しかし同時に数々の課題も浮き彫りになってきた。「高齢者が輝く社会」とはどんな社会か?その現状と課題を、プランの推進役の松田さんに伺う。

 

6/27(火)

「人工知能とどう向き合うか」(慶應義塾大学教授 新保史生さん)

知能ロボットやAIなどの急速な進歩で、私たちの日常生活が急速に変わりつつある。テクノロジーの進歩に、法律や社会はどう追いつき、対応したらいいのか。ロボット法学会などで活発な議論を展開している新保さんに、現状と今後をうかがう。

 

6/28(水)

「人間拡張学誕生」(東京大学大学院教授 暦本純一さん)

ARVRなど情報科学の進化は、人間の脳と心を変え始めている。若者は、スマホと一体化し、ある種のサイボーグ人間になりつつあるともいえる。東京大学では「人間拡張学」という新しい学問をつくり、テクノロジーが、人間の脳や心与える影響についての検討を始めた。暦本教授にその内容と今後を伺う。

 

6/29(木)

「隕石衝突から人類を守れ」(JAXA宇宙科学研究所准教授 吉川真さん)

5月中旬、東京の科学未来館で「小惑星衝突を予測し、対処する方法を考える国際会議」(アジア初)が開かれた。現在地球に接近する小惑星は16000個発見されているが、それ以外にも軌道が読めない数多くの小惑星が存在し、決して安心できる状況ではないという。会議を主宰した吉川さんに、小惑星衝突をめぐる現状と課題を伺う。

|

« キラリ「どう実現?自動運転」2017.6.14 | トップページ | 「“予知”からの転換 大規模災害にどう向きあう」9.18(月)11.00-生放送 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/65442888

この記事へのトラックバック一覧です: 夕方ホットトーク放送(6/26-29 1730過ぎからラジオ第一):

« キラリ「どう実現?自動運転」2017.6.14 | トップページ | 「“予知”からの転換 大規模災害にどう向きあう」9.18(月)11.00-生放送 »