« 時論公論「地球温暖化 パリ協定脱退の波紋」 | トップページ | キラリ「どう実現?自動運転」2017.6.14 »

くらし解説「どう実現?自動運転」2017.6.14(水)10.05-10.15

自動運転の開発が活発化する中、解決すべき課題が明確になってきた。

自動運転のレベルは1から46月から4.5に分離)まであるが、事故時の責任をどうするか、特にレベル3での「権限移譲」(ドライバーとAIが運転を交代する方法)の問題をどうクリアするかが大きな問題。

この問題を解決するキーテクノロジーはHMI(ヒューマンマシンインターフェイス)。人間の脳波や表情などを読み、車の人工知能との連動を図り、車とドライバーが「人馬一体」となろうというもの。産業総合研究所やトヨタなどは、ドライバーの体調や感情を把握し、権限移譲をスムーズにするシステムを開発。すでに、バスドライバーの居眠りを予知する装置も一部で製品化されている。

一方、IT企業を中心に、レベル3を通過せずに、限定地域で一気にレベル4(無人運転)を実現する実証実験(バスなどの公共機関)も始まっている。

自動運転実現のための壁とはなにか?

どのように克服すべきか?

現状と、今後の課題を解説する。

|

« 時論公論「地球温暖化 パリ協定脱退の波紋」 | トップページ | キラリ「どう実現?自動運転」2017.6.14 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/65406517

この記事へのトラックバック一覧です: くらし解説「どう実現?自動運転」2017.6.14(水)10.05-10.15:

« 時論公論「地球温暖化 パリ協定脱退の波紋」 | トップページ | キラリ「どう実現?自動運転」2017.6.14 »