« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

夕方ホットトーク生放送2017.4.3(月)-6(木)17.30過ぎからラジオ第一

ラジオ放送の予定です。

夕方ホットトークの放送範囲は・・ ●ラジオ(17.30-17.45放送) (月-金)近畿、東海3県、九州、仙台+盛岡以外の全国放送(A) (木)(A)+北海道、福島以外の全国放送 (金)(A)+広島、岡山、福島、四国以外の全国放送

●インターネット(らじるらじる)はどこでも聞けます

夕方ホットトーク2017 4/3(月)

「宇宙エレベーターが切り開く世界」(宇宙エレベーター協会会長 大野修一さん)

ロケットに物資や人間をのせて運ぶ代わりに、宇宙空間を回る衛星から丈夫なひもを垂らし、地上に固定することで、エレベーターのようにモノを運んだり、行き来できる「宇宙エレベーター」が注目されている。日本や海外で頻繁に技術コンテストが開かれ、経営戦略に組み込んだゼネコンも現れ、現実味を徐々に帯びてきた。夢の技術「宇宙エレベーター」がどこまで来ているのか?現状と課題を伺う。

● 4/4(火) 「ここまで来た!自動運転」(国際モータージャーナリスト 清水和夫さん)

自動運転が日進月歩で進化を続けている。自動運転タクシーの実証実験に続き、公道での無人バスの実験も始まり、ますます現実味を帯びてきた。しかし、自動運転実現のプロセスに横たわる課題も浮き彫りにされ、「ドライバーの心を読む」AIの開発など、技術開発は新局面に入っている。自動運転開発の現状と課題を伺う。

● 4/5(水) 「南極で何が起きているのか?」(国立極地研究所教授 伊村智さん)

巨大な棚氷にひびが入り分離の危険性が出るなど南極に異変が起きている。今後、分離すればせき止められている内陸部の氷河が海に流出する恐れがあり、地球の海面が10センチ上昇するという。おりしも今年は南極観測60年。南極研究で分かった地球温暖化の研究成果とともに、南極の異変の現状について伺う。

● 4/6(木) 「北極圏にどう向き合うのか」(政策研究員政策研究大学院大学副学長 角南篤さん)

北極海の氷が温暖化で縮小を続けることで、世界の化石燃料の1/3もの資源が姿を現し、利権をめぐる世界各国の駆け引きが熾烈化している。一方で地球温暖化や生態系にも深刻な影響が懸念され、北極圏にどう向き合うべきかが大きな課題になってきた。日本はそして世界は、北極海の異変にどう向き合えばいいのかを伺う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くらし解説「進化する合成音声」3/3(金)10.05-10.15NHKGTV

コンピュータを利用した合成音声が急速に進化している。今まで合成音声といえば無機質な機械音だったが、人工知能関連技術を使い、録音されたある人物の声をもとに、口やのどの形、筋肉の動きを解析し、声質、抑揚、リズムなど、本人そっくりの声を、自由自在に再構成できるようになった。すでに数十人の声が再現され、新しいエンターティンメントとして、世界からも注目されている.また、喉頭がんで声帯を摘出した患者の声を再現するなど、医療や福祉分野でも応用が始まっている。しかしこの技術は、新手の「おれおれ詐欺」や犯罪につながる可能性もあり、今後対策が必要になる側面もある。IT技術が切り開く合成音声研究の最先端と、今後の課題を解説する。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »