« 3/17(木)くらし解説「ここまで来た自動運転」 10.05-10..15 | トップページ | くらし解説「地域を守ろう!小水力発電コンテスト」 2016.4.14(木)10.05-10.15生放送 »

キラリ「ここまできた!自動運転」2016.3.17

(アナ)

ドライバーなしでコンピュータが自動で運転する、自動運転技術の開発が急ピッチで進んでいる。開発はどこまで来ているのか?課題はなにか?室山解説委員。どんな状況?

(むろ)

従来、主に閉鎖環境や高速道路で行ってきたが、一般道路での実験が、神奈川県藤沢市で、2/29から今月中旬まで行われた。実証実験は2月末から3月中旬まで行われた。スマホで自宅からタクシーを呼び、一般道を走り、目的地までいく。今回はドライバーが同乗し、いざという時のために待機。データも取れ成功した。

(アナ)

なぜ自動運転が可能に?

(むろ)

背景には、自動車技術の進化がある。周囲の環境を把握する「センサー」の進化。情報処理をする「コンピュータ」の進化。GPSなど、現在地を知る「地図情報」の進化。それに、交通事故を減らす、高齢化対策、渋滞解消、過疎化対策などの「社会的ニーズ」を背景に、自動運転が成立しつつある。

(アナ)

今どのレベルまできている?

(むろ)

運転には「操舵」「加速」「減速」の3要素があるが、レベル1は「そのうちの1つ」レベル2は「2つ」レベル3は「すべて」が自動化された状態。しかしそこまではドライバーが全体を制御し、車を走らせるやりかた。レベル4は、ドライバーが運転しない「完全無人運転」となる。レベル3.4がいわゆる自動運転だが、ドライバーの位置づけが大きく違ってくる。

(アナ)

今後の課題は?

(むろ)

センサーは「大雨」「雪」「霧」に弱く、さらに進化させる必要がある。地図情報も「10センチ程度の精度」が必要。そしてコンピュータは「臨機応変な判断」ができなければならない。高速道路にくらべて一般道は環境が複雑で、何が起きるかわからない。特に右折が難しい。

アメリカの自動運転のグーグルカーも、最近、初の車原因の事故をおこした。車線を右に変更しようとしたところ、大きなゴミがあり、低速で元に戻ろうとしたら、後ろから来たバスと衝突。「大型車は止まりにくい」ということをコンピュータが知らなかったようだ。このように人間と混在する状況では、まだまだクリアしなければならないことが多い。

(アナ)

事故を起こした時の責任はどうなる?

 

(むろ)

無人運転ではいろいろな法律的課題がある。例えばドライバーがおしゃべりをしていて事故を起こした時、責任はドライバーなのか?メーカーなのか?昔あった道路がなくなっており、ナビが変更されておらず、そのため起きた事故の責任はどうなるのか?自動運転者がセンサーで読んでいる車線が消失した結果の事故責任は?人間のドライバーが割り込んできて起きた事故責任は?などなど、検討すべき事例が山ほどある。

自動運転を成立させるためには、技術だけではだめで、社会全体の制度や市民の理解が必要といえる。

(アナ)

今後どうなる?

(むろ)

いずれにしても人間中心。社会のコンセンサスを取りながら、巨視的視点を失わずに進めてほしい。

(アナ)

ありがとう。

|

« 3/17(木)くらし解説「ここまで来た自動運転」 10.05-10..15 | トップページ | くらし解説「地域を守ろう!小水力発電コンテスト」 2016.4.14(木)10.05-10.15生放送 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/63357406

この記事へのトラックバック一覧です: キラリ「ここまできた!自動運転」2016.3.17:

« 3/17(木)くらし解説「ここまで来た自動運転」 10.05-10..15 | トップページ | くらし解説「地域を守ろう!小水力発電コンテスト」 2016.4.14(木)10.05-10.15生放送 »