« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

キラリ「日本初 めざせ!月面着陸」2015.6.19

(アナ)

月探査をめぐって、各国の動きが再び活発化。JAXAは、日本初の月面着陸機「SLIM」を、2019年度に打ち上げる議論を始めている。室山解説委員。どんな計画?

(むろ)

日本は今までは月周回(かぐや)はあったが、月面着陸は、成功すれば初めて。月面探査機SLIMには、意欲的な特徴が色々ある。まず重量130キログラムの小型機。「画像認識」で月面を解析しつつ、「軽量衝撃吸収」メカで着陸する仕組み等がある。

(アナ)

そもそもなぜ月へ?

(むろ)

2013年に中国が月面着陸したのち、再び活発化してきている。NASA情報によれば、旧ソ連はルナ9号の着陸(1966)ほか8回無人着陸に成功。アメリカはサーベイヤー1号(1966)ほか、のべ11回月面着陸成功(アポロ11号(1969)など有人着陸6回を含む)。中国が2013年、嫦娥3号で無人着陸に成功したのち、ロシア、インドなど月面着陸の計画がでている。もし日本(SLIM)が着陸に成功すると、世界で4番目の国となる。

(アナ)

月探査の目的はなんなのか?

(むろ)

まず科学的探査で太陽系や地球の成り立ちを調べること。次に資源探査(鉱物、水、ヘリウム3)。その先には、月面基地を想定した動きもある。これらの宇宙開発は、その国の世界でのステータスを高めることにもつながる。

(アナ)

SLIMの特徴は?

(むろ)

着陸精度が高いこと。各国の探査機は、着陸誤差が数キロだったが、SLIMは画像認識メカなどを使って、誤差数百メートルの「ピンポイント着陸」が可能。世界から注目されている。

(アナ)

ピンポイント着陸の重要性とは?

(むろ)

未来の宇宙探査のキーテクノロジーの一つ。天体探査の効率を上げ、コストダウンにもつながる。日本は「かぐや」等の経験とリンクし、さらに相乗効果を生み出すことができる。

P3

これは、かぐやのデータをもとに作った月面地図。表面の凸凹が精密に、くっきりと分かる。この地図を利用すれば、精度の高い探査が可能になる。

今までの探査で、月面に、縦穴構造(溶岩チューブ)を3か所発見されているが、これは中が洞窟状になっており、ピンポイント着陸で、ここに月面基地を建設すればどうかという意見もある。

(出る)

また極地にも、月面基地候補が複数ある。「クレーター」内には豊富な氷が期待され、「太陽光」が常時照射している場所も分かった。この二つの条件を兼ね備えた場所も月面基地候補といえる。

(アナ)

日本の技術は、世界にどう貢献できるか?

(むろ)

今後、各国が月面基地を建設したり、太陽系探査をする「大航海時代」がはじまる。火星。惑星。天体探査と、ピンポイント着陸が果たす役割は大きい。

(アナ)

今後のスケジュールは?

(むろ)

JAXA議論をへて、2019年度、イプシロンで打ち上げることを目指している。成功を祈りたい。

(アナ)

ありがとう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

くらし解説「日本初 めざせ!月面着陸」6/19(金)10.05-10.15NHK生放送

JAXAは、日本初の月面着陸機「SLIM」を、早ければ2019年度に打ち上げる計画を発表した。月面周回衛星「かぐや」は月上空からの探査だったが、今回は月面に直接着陸。成功すれば、旧ソ連、米、中に続く世界4番目の国となる。SLIMの最大の特徴は「狙った場所にピンポイントで着陸」できる点。従来、月面着陸は、数キロ誤差が普通だが、SLIMは人工知能を使い、携帯の顔認証技術を利用することで、数百メートル誤差で着陸可能という。実は、この技術は、はやぶさで一部実証済みで、月面着陸で成功すれば、日本の宇宙探査技術の高さを、改めて世界に示すことになる。「ピンポイント着陸」は、今後の宇宙開発の必須技術。狙った場所にきちんと着陸できれば、小型探査機で、資源探査や生命探査、惑星基地つくりが効率的にできるようになる。

月面では、すでにかぐやが、次世代エネルギーのヘリウム3や、月面基地に適した場所を数か所発見しているが、SLIMでそこに降り立ち、詳しく環境調査をすれば、今後の月探査の重要な足掛かりにもなると期待されている。月面探査機SLIMとは、どんな探査機なのか?世界が注目するSLIM計画の中身と課題を解説する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャッチインサイト「地球温暖化 日本の削減目標は?」2015.6.4朝7.20頃から8分間生放送(BS1)

年末のCOP21に向けて今後世界の温暖化対策交渉が活発化します。世界各国はどのような対策を講じ、どのような駆け引きをしているのか?日本はどのような課題に直面しているのかを解説します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »