« キラリ「COP12終了 どう守る?生物多様性」2014.10.23 | トップページ | くらし解説「IPCC報告 どう向き合う?地球温暖化」2014.11.7 »

くらし解説「IPCC報告 どう向き合う?地球温暖化」2014.11.7生放送

11/2(日)、地球温暖化の最新情報をまとめた、IPCC5次統合報告書が、7年ぶりに公表された。昨年から始まった第1.2.3次報告を総合したもので、新たな視点と情報を交え、今後の世界各国の温暖化対策、エネルギー政策に大きな影響を与える。

地球温暖化の原因の、CO2排出量は、年々増加を続けており、北極海の氷の消滅、海水面の上昇、海洋の酸性化、頻発する異常気象との関係も明らかになりつつある。もはやCO2の排出を抑えるのみでは被害は免れず、各国で進行している高潮や洪水、農作物の熱障害など、温暖化による直接被害への対応も、同時に行わなければならない状況に直面してきている。

今回の報告は、CO2排出を減らす「緩和策」と、温暖化被害を減らす「適応策」の関係(間違った適応策が緩和策を邪魔するなど)や、温暖化を食い止めるための方策を具体的に記述するなど、さらに突っ込んだ情報が提示されるものとされている。

最新の情報をもとに、地球温暖化の現状と課題を解説する。

|

« キラリ「COP12終了 どう守る?生物多様性」2014.10.23 | トップページ | くらし解説「IPCC報告 どう向き合う?地球温暖化」2014.11.7 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/60607588

この記事へのトラックバック一覧です: くらし解説「IPCC報告 どう向き合う?地球温暖化」2014.11.7生放送:

« キラリ「COP12終了 どう守る?生物多様性」2014.10.23 | トップページ | くらし解説「IPCC報告 どう向き合う?地球温暖化」2014.11.7 »