« 自動車安全シンポジウム 2013年12月1日(日)13:00~15:00:東京ビッグサイト | トップページ | 地球にやさしい環境づくり都民フォーラム「東京から考える あすの地球環境」シンポ2013.12.4(水)13.00-15.30 »

「地球温暖化はどうなるのか?―IPCCの最新科学的知見と 日本からの貢献―」2013.12.3(火)14.00-17.00

目的

平成 25 年 9 月 27 日に気候変動に関する政府間パネル(IPCC)より第 5 次評価報告書第 1 作業部会 報告書(自然科学的根拠)が公表されました。また、平成 26 年 3 月には日本で初めて横浜でIPCC第 38 回総会が開催されます。第 38 回総会では、第 5 次評価報告書の第 2 作業部会(適応等)に関する報 告書をとりまとめることとなっております。 本シンポジウムでは、IPCC第 5 次評価報告書第 1 作業部会共同議長 Thomas Stocker氏をお招き し、第 5 次評価報告書第 1 作業部会報告書(自然科学的根拠)の概要を説明いただくなど、気候変動に よる影響と適応についての最新の知見をわかりやすく伝えることを目的とします。

■平成25年12月3日(火)14:00~17:00(13:00開場) 場所:はまぎんホール ヴィアマーレ     〒220-8611 横浜市西区みなとみらい3-1-1   http://www.yokohama-viamare.or.jp/viamare.html   主催:環境省、文部科学省 共催:横浜市、気象庁(予定)、一般財団法人リモート・センシング技術 センター、公益財団法人地球環境戦略研究機関 ■プログラム ○挨 拶  環境省 文部科学省 

○基調講演    Thomas Stocker 氏  (IPCC 第 5 次評価報告書第 1 作業部会共同議長)    河宮 未知生 氏  (海洋研究開発機構)    木本 昌秀 氏   (東京大学大気海洋研究所)    鬼頭 昭雄 氏   (筑波大学・気象庁気象研究所)    沖 大幹 氏      (東京大学生産技術研究所) 

○パネルディスカッション   <コーディネーター> 室山 哲也 氏   (NHK 解説主幹) <パネリスト> 江守 正多 氏   (国立環境研究所) 沖 大幹 氏     (東京大学生産技術研究所) 鬼頭 昭雄 氏   (筑波大学・気象庁気象研究所) 西岡 秀三 氏   (地球環境戦略研究機関) 渡邉 正孝 氏   (慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科)

|

« 自動車安全シンポジウム 2013年12月1日(日)13:00~15:00:東京ビッグサイト | トップページ | 地球にやさしい環境づくり都民フォーラム「東京から考える あすの地球環境」シンポ2013.12.4(水)13.00-15.30 »

シンポジウム、講演活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「地球温暖化はどうなるのか?―IPCCの最新科学的知見と 日本からの貢献―」2013.12.3(火)14.00-17.00:

« 自動車安全シンポジウム 2013年12月1日(日)13:00~15:00:東京ビッグサイト | トップページ | 地球にやさしい環境づくり都民フォーラム「東京から考える あすの地球環境」シンポ2013.12.4(水)13.00-15.30 »