« 「地球温暖化はどうなるのか?―IPCCの最新科学的知見と 日本からの貢献―」2013.12.3(火)14.00-17.00 | トップページ | 時論公論「地球温暖化COP19が残した課題」2013.11.29 »

地球にやさしい環境づくり都民フォーラム「東京から考える あすの地球環境」シンポ2013.12.4(水)13.00-15.30

記録的な猛暑となった今年の夏。集中的な豪雨による災害や、生態系の異変・・地球環境は大きく変化しつつあります。9月に、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が地球温暖化に関する科学的予測をまとめた最新版の報告書を発表、国際社会においても地球温暖化対策の取組みが進められています。
 東京都は、九都県市連携によるディーゼル車の走行規制や、業務部門をも対象とする世界初の都市型キャップ&トレード制度の導入など、国に先行した環境政策を、先駆的に取り組んできました。そして、2020年のオリンピック・パラリンピック。開催が決定した今だからこそ、お迎えするにふさわしい、おもてなしの都市環境構築が求められています。
 将来の世代のために、私たちが何をなすべきか、東京都における環境行政の歴史を振り返りつつ、都民と連携したこれからの取組を考える機会とします。

実施概要
[主催](公社)東京のあすを創る協会
[共催]東京都環境局、(公財)あしたの日本を創る協会
[後援]NHK、東京都地球温暖化防止活動推進センター

日時:2013年12月4日(水)13:00~15:30
場所:東京都教職員研修センター・B2 視聴覚ホール(JR総武線「水道橋」東口徒歩3分)
    文京区本郷1-3-3 地図
定員: 300名
申込締切: 11月25日(月)
参加費:無料
内容
(1)基調講演
 「東京の挑戦 ~東京都の環境政策・回顧と展望~」
 [講師]大野 輝之(前東京都環境局長 (公財)自然エネルギー財団事務局長)
(2)パネルディスカッション
 「東京から考える あすの地球環境」~政策の「壁」を乗り越えて~
 ・コーディネーター
   室山 哲也(NHK解説委員)
 ・パネリスト
   平田 仁子(NPO法人 気候ネットワーク理事)
   髙橋 亜子(日本百貨店協会 政策部マネージャー)
   大野 輝之(前東京都環境局長(公財)自然エネルギー財団事務局長)

|

« 「地球温暖化はどうなるのか?―IPCCの最新科学的知見と 日本からの貢献―」2013.12.3(火)14.00-17.00 | トップページ | 時論公論「地球温暖化COP19が残した課題」2013.11.29 »

シンポジウム、講演活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球にやさしい環境づくり都民フォーラム「東京から考える あすの地球環境」シンポ2013.12.4(水)13.00-15.30:

« 「地球温暖化はどうなるのか?―IPCCの最新科学的知見と 日本からの貢献―」2013.12.3(火)14.00-17.00 | トップページ | 時論公論「地球温暖化COP19が残した課題」2013.11.29 »