« くらし解説「最新研究 心はどこまで読める?」総合テレビ5/23(木)10.05-10.15生放送 | トップページ | くらし解説「深刻化する宇宙ゴミ」6/5(水)10.05-10.15総合テレビ生放送 »

キラリ「最新研究 心はどこまで読める?」2013.5.23

(アナ)

眼の動きや声など、体の動きや変化から、心の状態を読み取り、医療や心の研究に生かそうという技術が、注目されている。室山解説委員。どういうこと?

(むろ)

私たちの心は、体と密接に関連している。心拍、血圧、精神発汗、声の震えなどの形で心の状態は、体に表れるが、今日は眼の動き、特に瞳孔の大きさから心を読む研究を紹介する。夏目綜合研究所は、モニターに色々な画像を出し、その時の表情(目、口元、眉毛などの角度)、視線、瞳孔の大きさで、対象に対する人間の心の状態を把握するシステムを開発した。モニターには、視線の方向と、注目度が丸の大きさで示されるが、これに表情解析データを合わせると「どのような気持ちで、どこに、どの程度注目しているか」がわかる。

(アナ)

どのくらいの精度?

(むろ)

瞳孔の大きさは意識で操作できないので、かなりの精度。すでに国内の、メーカーの研究所や、心理学を研究する大学に20か所ほど、このシステムを導入している。

(アナ)

どんなことに応用ができるのか?

(室山)

商品やCMなどのコンテンツを見せ、消費者の心理を調べたり、家事ロボットに組み込んで、家族の心理を理解するロボットが開発できる。また車に導入すればドライバーの心理状態を把握して事故を防いだり、その時の気分に適した飲み物を推薦してくれる自動販売機が出てくるかもしれない。

(アナ)

他の研究は?

(むろ)

最近、脳を直接解析して、心を解析する技術がでてきた。特に、夢の画像化に成功した事例を紹介しよう。ATRでは、人間が夢を見ている時の脳血流変化をfMRIで測定し、夢の内容をあてるシステムを開発した。まず被験者に脳波計をつけて眠らせ、外から夢を見ているかどうかが分かるようにしたうえで、データ(脳血流変化)をとる。被験者は夢を見た直後起こされ、データからつくられた画像と実際の夢を照合。高い精度で夢の内容(男の顔、車、建物などのカテゴリー)をあてることができるようになった。

もうすこし詳しく実験プロセスを説明すると、まず、起きている時の被験者に、たくさんの写真を見せ、脳血流変化のパターンデータをコンピュータにインプットする。コンピュータはたくさんのデータの入力後、写真と脳血流の関係の法則性を構築。その後、同じ被験者が睡眠をとり、夢を見ている時の脳血流パターンを解析して、どのような種類の写真を見ている時のパターンに近いかをしらべて、その写真をモニターに映し出せば、大まかな夢の内容が分かるという仕組み。したがって、現状では、夢に出てくる物の、詳しい形や色までは、まだわからないが「男の人の顔」「女の人の顔」「車」「建物」など、カテゴリーレベルでは夢をあてることができるところまで来ている。

(アナ)

今後どうなる?

(むろ)

研究を進め、今後夢をオリジナルに画像化できる可能性もあるが、開発が進めば、神経内科や精神科での治療やカウンセリングにも応用できるだろうと期待されている。また、人間心理、夢の研究などの道具にもなっていくだろう。しかし、個人的な精神世界の研究なので、きちんとしたルールを作り、倫理的問題をクリアしながら、健全に育っていってほしい。

(アナ)

ありがとう。

|

« くらし解説「最新研究 心はどこまで読める?」総合テレビ5/23(木)10.05-10.15生放送 | トップページ | くらし解説「深刻化する宇宙ゴミ」6/5(水)10.05-10.15総合テレビ生放送 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/57442551

この記事へのトラックバック一覧です: キラリ「最新研究 心はどこまで読める?」2013.5.23:

« くらし解説「最新研究 心はどこまで読める?」総合テレビ5/23(木)10.05-10.15生放送 | トップページ | くらし解説「深刻化する宇宙ゴミ」6/5(水)10.05-10.15総合テレビ生放送 »