« くらし解説「超未来!分身ロボット誕生」4月30日(火)10.05-10.15生放送 | トップページ | くらし解説「どうつくる?誰もが活躍する職場」本日10.05-10.15総合テレビ生放送 »

キラリ「超未来!分身ロボット誕生」2013.4.30

(アナ)

体を動かして、離れたところのロボットを分身のように動かす技術が進化し、注目されている。室山解説委員。どんなもの?

(むろ)

自分の代行としていろんなことをしてくれる「テレイグジスタンス」ロボットというもの。

神戸で、ヒューマノイドロボットを使って、原発など人間が入ることができない環境で作業をする実験が行われた。まず人間に、アイキャップなど、ロボットを動かす装置を付け、コンピュータを介して、同じ動作をロボットにさせる。またロボットの感覚(見たり聞いたり触ったり)を、センサーを通じて、人間におくり、体感できるようにする。実験は見事成功。いわばロボットと人間が一心同体になった状態だった。

(むろ)

慶応大学の舘研究室では、触覚センサーなどをさらに進化させ、ビー玉を扱ったり、将棋や習字ができるまでになっている。布の感触を人間に伝えることもできるという。私も体験してみたが、ロボットの視覚から自分の姿が見えるなど、幽体離脱のような不思議な感覚になった。この装置を使えば、「自己」の研究など、心理学研究にも使えるという。

(アナ)

応用例は?

(むろ)

たとえば、離れたところの肉親のケアをしたり、行くことができない海の底を探検したり、惑星探査や、危険な場所の作業、ミクロの世界の散歩をするなど、色々考えられる。

立命館大学の小西研究室では、眼底への角膜移植など、医療にマイクロロボットを使う研究をしているが、マイクロハンドロボットを使った、テレイグジスタンスの研究を進めている。この手法を使えば、体内にマイクロロボットが入り、手術や治療を行うなど、新しい医療の発展にもつながる。

(アナ)

社会。どう変わる?

(むろ)

たとえば、世界中にレンタルロボットを配置し、各地の人がそのシステムを使って、バーチャルとリアルが融合した打ち合わせなどをするなど、新しいビジネスが誕生するかもしれない。その他利用法は色々あるだろうが、ぜひ、人間社会に役立つものに成長していってほしい。

(アナ)

ありがとう。

|

« くらし解説「超未来!分身ロボット誕生」4月30日(火)10.05-10.15生放送 | トップページ | くらし解説「どうつくる?誰もが活躍する職場」本日10.05-10.15総合テレビ生放送 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/57279176

この記事へのトラックバック一覧です: キラリ「超未来!分身ロボット誕生」2013.4.30:

« くらし解説「超未来!分身ロボット誕生」4月30日(火)10.05-10.15生放送 | トップページ | くらし解説「どうつくる?誰もが活躍する職場」本日10.05-10.15総合テレビ生放送 »