« 「科学って面白い!科学技術映像祭入選作品から」5月27日16.00-Eテレ | トップページ | 執筆活動 »

キラリ「地球の水は大丈夫?~水観測衛星しずくの挑戦」2012.5.18

(アナ)

5/18(金)、日本のH2Aロケットで水循環変動観測衛星「しずく」が打ち上げられた。この衛星は、地球全体の雲や雨など地球の水の動きを観測する、日本初の本格的「水」観測衛星。室山解説委員。水循環って何?

(むろ)

地球は水の惑星。水は海、川、雲、雨、氷などに姿を変え、環境全体と生物に影響を与えている。「水を知ることは地球を知ること」。「しずく」は極軌道(南北に回る)を描き、700キロの上空から、地球の水の状況を観測するが、2日間で地球のほとんどを調べることが出来る。

いままで、欧米の水観測衛星は色々あった。「しずく」は日本の衛星で、自前観測できることになり、期待できそう。

(アナ)

どんなことが出来る?

(むろ)

たとえば土地の水分を観測できる。これはオーストラリアの土地の水分の変化だが、衛星を使えば、一気にその状況が把握でき、農業などにも利用可能。しずくを使えば、日本でも同じことが出来ると期待されている。

漁業にも応用できる。日本近辺の海水温度と魚場の関連をみると、魚の種類によって居場所が違うことが分かる。魚の居場所は暖かい水と冷たい水の坂井とか、温かい水の渦とかと関係があり、海の状況を読んで、効率的な漁業に利用することが出来る。燃料も節約できるし、魚の値段にも影響があるかもしれない。

船舶の安全にも利用できる。北海道近辺の海を可視光で見ても雲が邪魔をすることがあるが、しずく搭載のマイクロ波でみれば、雲を通して海氷の様子を把握でき、海難事故を防げる。

北極の氷分布もわかる。北極の氷は、地球温暖化で小さくなっているが、その状況を観測して地球全体の気候や気象への影響を研究できる。また生まれつつある北極航路を安全に航行するにも、衛星データは欠かせない。

(アナ)

今後どうなる?

(むろ)

温暖化で地球の水循環に変化が出るかもしれないという研究がある。温暖化対策を取らずにいると、今後100年で、熱帯の海や中高緯度では、雨や洪水が増加。亜熱帯では乾燥地帯が増えるのではないかという研究がある。今後観測衛星で、実際どうなるかを注意深く観測する必要がある。しずくは、水についての色々な要素を同時観測できる能力を持っているので、今後ますます期待できる。世界と連動して継続的に観測を続けてもらいたい。調整後(1年後?)には、インターネットでしずくのデータにもアクセスできるようなので楽しみだ。

(アナ)

ありがとう。

|

« 「科学って面白い!科学技術映像祭入選作品から」5月27日16.00-Eテレ | トップページ | 執筆活動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/54794715

この記事へのトラックバック一覧です: キラリ「地球の水は大丈夫?~水観測衛星しずくの挑戦」2012.5.18:

« 「科学って面白い!科学技術映像祭入選作品から」5月27日16.00-Eテレ | トップページ | 執筆活動 »