« スタジオパーク「ここまで来た脳梗塞治療」あす2/16(木)13.40過ぎから7分間生放送 | トップページ | スタジオパーク「進化するサイボーグ医療」あす2/27(火)13.40過ぎから7分間生放送 »

スタパ「ここまできた脳梗塞治療」2012.2.16

(アナ)

脳の血管が詰まって、脳障害が出たり、死にいたる「脳梗塞」に、新しい治療法が登場して注目を集めている。室山解説委員。脳梗塞とは?

(むろ)

脳血管に血栓が詰まって、まひや運動障害、言語障害を引き起こす恐ろしい病気。脳梗塞の下流の血管に血がいかなくなり、神経細胞にダメージが出る。従来の治療は、血液をサラサラにする薬で再発を防止したり、脳のハレをとる薬を投与したり、主に対処療法だった。

(アナ)

どんな治療法?

(むろ)

「血栓回収療法」。詰まった血栓を直接除去する。虎の門病院松丸先生は、2年前からこの療法を始めている。足付け根からカテーテル状のものを挿入し、脳の血管の血栓をとりだす。最近では空気圧を下げて吸い出す方式も始まっている。レントゲン写真をみると、治療前詰まっていた血栓が取り除かれ、下流の血管に血液が流れていることが分かる。カテーテル加工技術の進歩や、脳血管造影技術の進歩、そして脳医学の進歩が融合して、アメリカで行こう連携の一つとして出てきた療法。治癒率は、この療法なしでは1割回復(自立)するところが、この療法を使うと3割が回復する生成を残している。現在全国200施設で実施されており、拡大中。

(アナ)

脳梗塞を薬で溶かす新しい療法を聞いたことがあるが、関係は?

(むろ)

-PAも血栓溶かす非常に有効な療法として最近注目されているが、今のところ発症後3時間くらいが限度だったり(最近は少しのびてきつつある)、細い血管でしかできないという限界があった。血栓回収療法は約8時間までOKで、主に直径2ミリ以上の太い血管で行う。今後、t-PAと併用して治癒率を高めることが出来ると期待されている。しかし早期発見早期搬送で、少しでも早く病院に行くことが必要なことに変わりはなく、救急医療全体の充実を連携する必要がある。

(アナ)

患者側の留意事項は?

(むろ)

なにより予防が大切。医師からのアドバイス3か条。「禁煙」「バランスの良い食生活(高脂血症や高血圧防止)「適度な運動」を心がけ、脳梗塞にならないように注意したい。

(アナ)

ありがとう。

|

« スタジオパーク「ここまで来た脳梗塞治療」あす2/16(木)13.40過ぎから7分間生放送 | トップページ | スタジオパーク「進化するサイボーグ医療」あす2/27(火)13.40過ぎから7分間生放送 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/53997718

この記事へのトラックバック一覧です: スタパ「ここまできた脳梗塞治療」2012.2.16:

« スタジオパーク「ここまで来た脳梗塞治療」あす2/16(木)13.40過ぎから7分間生放送 | トップページ | スタジオパーク「進化するサイボーグ医療」あす2/27(火)13.40過ぎから7分間生放送 »