« スタジオパーク「進化するアルツハイマー治療」の放送は10/18(火)になりました | トップページ | 時論公論「北極オゾンホールの意味」10/24(月)生放送23.50-24.00 »

スタパ「進化するアルツハイマー治療」2011.10.18

(アナ)

認知症の半分以上、不治の病といわれる「アルツハイマー病」治療に新薬が使えるようになるなど、注目を集めている。室山解説委員。明るい話題ですね。

(むろ)

日本は今まで治療薬は1種類だけだったが、この夏から3種類が追加され、4種類の薬が使えるようになっている。

(アナ)

アルツハイマー病とは?

(むろ)

認知症には、脳卒中などのなおる可能性があるものと、治らないといわれるものがあるが、アルツハイマー病は後者の代表。全体の半分以上を占め、世界的問題となってきた。症状は記憶障害から始まり、「今はいつ?ここはどこ?私は誰?」といったところまで進行する。脳をみると、全体が萎縮したり、記憶をつかさどる海馬が委縮していることが分かる。

(アナ)

薬はどこにどう効くのか?

(むろ)

アルツハイマー病の脳内では、ミクロでも異変が起きている。神経細胞の接続している隙間(シナプス)で脳内物質の「アセチルコリン」が不足したり、「グルタミン酸」が過剰になったり、脳内物質のアンバランスが見られる。薬はこのアンバランスを正常の方向に戻す働きを持っている。たとえば、従来使われてきた「ドネペジル」(商品名アリセプト)は、アセチルコリン不足を解決する(アセチルコリン分解酵素を抑える)。ここに新薬が2種類追加された。(「ガランタミン」「リバスチグミン」(はり薬))また、グルタミン酸の過剰を抑制する「メマンチン」も登場したわけだ。ただこれらの薬はアルツハイマーを根治するのではなく、対処療法。

(アナ)

薬の種類が増えるメリットは?

(むろ)

薬の種類が増えれば、患者さんに合った薬が使える。副作用の心配も減るし、組み合わせて効果を増大させることもできる。

(アナ)

根本治療は?

(むろ)

実はアルツハイマー病のミクロのメカニズムが分かることに合わせて、根治させる新薬の開発が進んでいる。アルツハイマー病は、脳内のタンパクが切断され、アミロイドβタンパクになり、それがあつまって老人斑になる。そしてニューロン内に「神経原繊維変化」がおきて、神経細胞の死につながっている。このプロセスをどこかで食い止めてやればよい。たとえば、脳タンパクが切断されにくくしたり、集まりにくくしたり、溶かすなどしてアルツハイマー病の発症を食い止める。実はこれらの薬は治験が進行中で、「夜明け前だ」という専門家もいる。

(アナ)

楽しみだが、現実にアルツハイマー病に苦しんでいる方などはどうすればいいか?

(むろ)

薬とケアは両輪などで、バランスのいい取り組みが必要。また、ここ数年、アルツハイマー病と生活習慣病の関連が分かってきており運動、食事などに気をつけ、健康つくりも必要。さらにアルツハイマー病の方を守る社会システムも重要。それらすべてが連動して向き合う必要がある。

(アナ)

ありがとう。

|

« スタジオパーク「進化するアルツハイマー治療」の放送は10/18(火)になりました | トップページ | 時論公論「北極オゾンホールの意味」10/24(月)生放送23.50-24.00 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/53022626

この記事へのトラックバック一覧です: スタパ「進化するアルツハイマー治療」2011.10.18:

« スタジオパーク「進化するアルツハイマー治療」の放送は10/18(火)になりました | トップページ | 時論公論「北極オゾンホールの意味」10/24(月)生放送23.50-24.00 »