« スタジオパーク「銀河誕生の謎を探れ」9/6(火)13.40過ぎから7分間。 | トップページ | スタジオパーク「進化するアルツハイマー治療」2011.10.5(水)13.40過ぎから7分間生放送 »

スタパ「銀河誕生の謎を探れ」(2011.9.6)

(アナ)

日米欧が共同してチリに建設中の、世界最大規模、最高性能の電波望遠鏡「アルマ電波望遠鏡」が、この秋から一部稼働を始める。室山解説委員。どんなもの?

(むろ)

アルマ電波望遠鏡をつかうと、今まで見ることができなかった、天体の細部や天体細部や銀河や星の始まりが見える。世界研究者が注目しているビックプロジェクト。建設されている場所は、チリにある高度5000mのアタカマ砂漠。高地なので空気が乾燥し、清浄で絶好の観測場所。この秋に一部稼働開始し、2013年には66台のパラボラアンテナで本格観測に入る。配置を変えて、直径18.5kmの口径の巨大アンテナで観測できるのと同じくらいの空間分解能がある。

(アナ)

望遠鏡の口径とは?

(むろ)

光学望遠鏡でいうとレンズの大きさ。口径が大きいほどはっきり見える。口径10センチの一般的望遠鏡で土星を見ると、ぼんやりとしているが、口径8m(すばる望遠鏡)で見ると、くっきり見える。アルマ望遠鏡は大きな口径なので、視力は視力6000。東京から大阪の一円玉を見分けることができる。しかも電波望遠鏡なので、質的にも光学で見えない世界を探っていくことができる。

(アナ)

電波望遠鏡とは?

(むろ)

全ての物質は電磁波出すが、温度ごとに波長が違う。高温になるほど波長短く、低温になると波長が長くなる。アルマ電波望遠鏡は低温の世界、宇宙のちりやガスの分布がわかり、天体の始まりの様子をとらえることができる。

(アナ)

電波で見るとどんなふうに見える?

(むろ)

オリオン座の馬頭星雲を見ると、光学望遠鏡で見えないところに、ガスや塵が分布しているのがわかる。濃度の高いところを赤く表示しているが、こういうところに星が生まれる可能性があるといわれている。超新星爆発を可視光でみると、輪郭が見えるが、電波望遠鏡でみると、内側の様子が克明にわかる。宇宙の広い範囲を可視光でみると、銀河がちらほらみえるが、電波望遠鏡でみると、その間にガスや塵が分布しているのがわかり、「銀河の卵」がいっぱいあるのがわかる。さらに周波数を変えれば、宇宙空間のアミノ酸の分布がわかり、生命の起源に迫ることもできる。

(アナ)

アルマ望遠鏡の社会的意義は?

(むろ)

まず、知られていない宇宙の姿を探ることで「宇宙観」が大きく豊かになる。

また、世界最先端の技術(情報通信技術、信号処理技術など)の集積で、アルマ望遠鏡の建設で、産業や技術への波及効果がある。世界が誇るプロジェクトで、日本は十分に活躍してほしい。

(アナ)

ありがとう。

|

« スタジオパーク「銀河誕生の謎を探れ」9/6(火)13.40過ぎから7分間。 | トップページ | スタジオパーク「進化するアルツハイマー治療」2011.10.5(水)13.40過ぎから7分間生放送 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/52709439

この記事へのトラックバック一覧です: スタパ「銀河誕生の謎を探れ」(2011.9.6):

« スタジオパーク「銀河誕生の謎を探れ」9/6(火)13.40過ぎから7分間。 | トップページ | スタジオパーク「進化するアルツハイマー治療」2011.10.5(水)13.40過ぎから7分間生放送 »