« チェルノブイリに見た「心」の被曝 | トップページ | 大人ドリル「どうなる日本の電力」2011.6.27(月)22.55-30分間 »

エレーナ・ボンネルさんのご冥福をお祈りします。

エレーナ・ボンネルさん(サハロフ博士の奥様)が亡くなった。ぼくは1988年、広島放送局勤務だった頃、大江健三郎さんとサハロフ博士の対談番組を担当したことがある。たまたまサハロフ博士と二人きりになれ、30分程、当時進行中のチェルノブイリ事故の状況をたずねた。博士はとても優しく真摯な方で、微にいり細にいり教えてくださった。話の流れで、たまたま僕の父親と原爆の不思議な関係(原爆投下時広島駅に到着した列車に乗る筈が、たまたま乗らず、友人は死んでしまった話)を話したら、「あなたはチェルノブイリに行くべきだ」と熱心にすすめてくださった。そのサハロフ先生のそばに寄り添い、静かに微笑んでいたのが奥様のエレーナさんだった。原爆ドームを見た時の、お二人の真剣な、悲しそうな目を今も覚えている。サハロフ先生は対談を終え、帰国し、その直後突然亡くなった。あれから22年、奥様はとうとう先生が居るところに旅立った。人類の歴史に残る激動の人生だった。ご冥福を心からお祈りします。

|

« チェルノブイリに見た「心」の被曝 | トップページ | 大人ドリル「どうなる日本の電力」2011.6.27(月)22.55-30分間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/51991149

この記事へのトラックバック一覧です: エレーナ・ボンネルさんのご冥福をお祈りします。:

« チェルノブイリに見た「心」の被曝 | トップページ | 大人ドリル「どうなる日本の電力」2011.6.27(月)22.55-30分間 »