« 宇宙産業の未来を考えるシンポジウム | トップページ | 爆笑問題のニッポンの教養「ミライのエネルギー会議」2011.6.2(木)総合テレビ22.55-23.25 »

スタパ「どう進める?再生可能エネルギー」2011.5.31

(アナ)

福島第一原発事故で電力不足が心配される一方、今後のエネルギーの主役として再生可能エネルギーが注目されている。室山解説委員。再生可能エネルギーとは?

(むろ)

化石燃料は資源として有限だが、再生可能エネルギーは、太陽光、風力、地熱、バイオマス、小水力、潮流など、自然力を使った「循環型エネルギー」なので、期待できるエネルギー。使っても尽きることがない。そのほかにも「自立性(外国から買わなくてもよい)」「クリーン(CO2が出ないので地球温暖化の心配がない)」(災害時も強い)などメリットも多く、可能性がある。

(アナ)

現状での電力の割合は?

(むろ)

再生可能エネルギー1%(大規模水力8%を入れると9%)。原子力29%。火力61LNG29、石炭25、石油7)。再生可能エネルギー以外には課題が多い。たとえば、原発は事故で収縮中。火力発電は今後価格上昇もあり、温暖化の原因になる。したがって、今後は再生可能エネルギーを、大きく育成する必要がある。

(アナ)

再生可能エネルギーのデメリットは?

(むろ)

「密度が低い(太陽光発電では広い面積が必要など効率が悪い)」「コストが高い」「不安定(風や太陽光などその時の状況に左右されるので電気が不安定)」などといわれてきたが、徐々に解決の兆しがある。環境省ポテンシャル調査によると、再生可能エネルギーは思ったより大きい。日本の現状総電力は、8585億kwh/年(内原子力2611kwh/年)だが、もし、再生可能エネルギーを、お金に糸目をつけず、技術的可能性のみで設置すると、51440kwh/年の潜在力があることがわかった(法律で建設できない場所は除く)。さらに、プロジェクト内部収益率を8%以上、再生可能エネルギー全量買い取り制度の前提で計算すると、3300kwh/年で、原発を上回る数値になる。これは事業としても成り立つので、今後の技術革新なども併せて考えると、かなり期待できる。

「発電コスト」については、今までは「化石燃料は安く、再生可能エネルギーは高い」といわれてきたが、原発事故後の補償などを加味すると、今後の原発のコストは大きく跳ね上がることが予想される。一方、太陽光発電などの再生可能エネルギーは年ごとにコストがダウンしている状況で、構図が変わってきた。「不安定」な電気についても、現在開発中の「スマートグリッド(賢い送電網)」(コンピュータと送電網を融合したもので、電力の需給を調整できる)などを使えば、今後未来は開けるだろう。

(アナ)

再生可能エネルギーを今後どう育てる?

(むろ)

再生可能エネルギーには「エネルギーの地産地象」的側面がある。たとえば東北の被災地を、再生可能エネルギーの拠点にして開発する考えも出ている。もともと東北は自然エネルギーの宝庫で、再生可能エネルギー施設は建設も早くでき(太陽光数か月-2年、風力3-7年、火力発電10-20年)多種の産業の参入がしやすいので、経済的波及効果もある。そのような行動も積み重ねながら、日本の自然力を使った大きな未来のエネルギーシステムに育っていってほしい。

(アナ)

ありがとう。

|

« 宇宙産業の未来を考えるシンポジウム | トップページ | 爆笑問題のニッポンの教養「ミライのエネルギー会議」2011.6.2(木)総合テレビ22.55-23.25 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/51817884

この記事へのトラックバック一覧です: スタパ「どう進める?再生可能エネルギー」2011.5.31:

« 宇宙産業の未来を考えるシンポジウム | トップページ | 爆笑問題のニッポンの教養「ミライのエネルギー会議」2011.6.2(木)総合テレビ22.55-23.25 »