« スタジオパーク「本格化する宇宙輸送船」2011.1.21GTV13.40過ぎから7分間生放送 | トップページ | まぢかに見たAKB48 »

スタジオパーク「本格化する宇宙輸送船」2011.1.21

(アナ)

おととしの秋打ち上げで、世界にレベルの高さをアピールした日本の宇宙輸送船「こうのとり2号」が、種子島宇宙センターで打ち上げ準備に入っている。室山解説委員。打ち上げ延びたようですね?

(むろ)

きのう打ち上げ予定だったが、天候不順で、あす土曜日の14.00過ぎに打ち上げ延期となり、最後の調整中。もともとHTVという名前だったが、名前公募で今回から「こうのとり」と名付けられた。前回の実証的打ち上げの様子を映像でご覧いただくと、秒速8キロで自立的に宇宙ステーションに接近し、アームで捕捉されてドッキングに成功した様子がわかる。その後、HTVは1か月以上滞在し、宇宙ステーションのゴミを搭載して、大気圏突入し、焼却された。NASAは日本の宇宙技術の高さに驚いたという。

(アナ)

こうのとり打ち上げの背景とは?

(むろ)

今年、いよいよ国際宇宙ステーションの建設が終了し、本格運用に入る。人とモノの行き来が頻繁になる中、日本も主要メンバーとして物資供給の責任を果たそうというもの。こうのとりは今後年一回、通算7回の打ち上げとなる。 「こうのとり2号」は、前回よりもバージョンアップされている。全体で6トンの荷物を搭載可能だが、空間を拡大し、技術もLED照明、通信機器など国産技術を取り入れ、コストダウンを図った。

(アナ)

どんなものを運ぶのか?

(むろ)

JAXAの実験装置。NASA装置。種子島の水。食糧。衣服などなど。

古川さんが食べる、醤油ラーメン、サンマのかば焼きなどの28品目から選ばれた日本宇宙食も載せている。また、アジア各国(インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナム)から依頼された植物種子(ホウセンカ、トウガラシなど)を搭載し、宇宙実験にも協力。アジア協力の舞台にもなっている。

(アナ)

全体として、現在の国際宇宙ステーションの物資輸送はどうなっているのか?

(むろ)

現在の輸送体制は、「シャトル」(アメリカ)、「プログレス」「ソユーズ」(ロシア)、「ATV」(欧州)、そして「こうのとり」の体制。しかし今年シャトルが退役することもあり、世界の宇宙開発のバランスに変化が出てくる。プログレスやATVは大きな荷物が運搬できないため、シャトルなき後、「こうのとり」が最も大きな荷物を運搬できる唯一のものとなり、世界が注目する。また、今回、こうのとり滞在中にシャトル打ち上げもあり、宇宙ステーション上で「新旧」運搬システムの2ショットも見られるかもしれない。

(アナ)

有人輸送ができるのはロシアのソユーズのみとなるわけだが、有人輸送についてはどうなるのか?

(むろ)実は水面下でもう一つの競争が展開している。欧米では有人カプセルの開発がしのぎを削っており、「こうのとり」もそれに参入したいところ。

今後、回収技術を進めたうえで、人間が乗り込める技術の進化を果たせば、「こうのとり」は日本の宇宙開発の将来を決める有力なツールとなることも可能。

さまざまな可能性があるが、いずれにしても、ぜひとも打ち上げに成功してほしい。

(アナ)

ありがとう。

|

« スタジオパーク「本格化する宇宙輸送船」2011.1.21GTV13.40過ぎから7分間生放送 | トップページ | まぢかに見たAKB48 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/50645425

この記事へのトラックバック一覧です: スタジオパーク「本格化する宇宙輸送船」2011.1.21:

« スタジオパーク「本格化する宇宙輸送船」2011.1.21GTV13.40過ぎから7分間生放送 | トップページ | まぢかに見たAKB48 »