« ABUロボコン誕生の夜 | トップページ | スタパ「注目される神経リハビリ」2010.11.4 »

ものつくりの呪縛とは?

先日「中国のロボコンの現場に、ものつくりの原点を見た」と書いた。そして「それから学ぶべき」とも書いた。その後、友人に意見を求めたところ、「単なるものつくりの過去に戻っても仕方がないのでは」との意見。なるほど、歴史が進化していく中、昔と同じ手法を適用しても、状況を突破する起爆剤になるわけがない。問題は、ものつくりで学んだ精神やノウハウを、どのように未来に向かって質的変換させ、前進するのかが問われているのかもしれない。友人はそれを「ことづくり」と呼んでいた。

|

« ABUロボコン誕生の夜 | トップページ | スタパ「注目される神経リハビリ」2010.11.4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/49933930

この記事へのトラックバック一覧です: ものつくりの呪縛とは?:

« ABUロボコン誕生の夜 | トップページ | スタパ「注目される神経リハビリ」2010.11.4 »