« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

スタパ「生態系の値段は?」(2010/9/27)

(アナ)

10月に名古屋で開かれるCOP10(生物多様性条約締約国会議)にむけて、「生物多様性の価値」(生態系サービス)をお金に換算し、経済活動や政策につなげる発想が注目を集めている。室山解説委員。どんなこと?

(むろ)

現在の生物は、確認されたもので175万種。未知のものを入れると3000万種-1億種とも言われている。これら生物は、生態系を通じて相互に恩恵を与えあっており、人間も例外ではない。われわれは、いままで生態系サービスをタダと錯覚してきたが、その生態系の価値をお金に換算し、一つの指標にしようというユニークな発想が出てきている。沖縄のサンゴ礁を例に紹介すると、サンゴ礁にはさまざまな機能がある。台風時の波などから陸を守る防災機能が年間600億円。有機物の分解など海水の浄化機能が5億円。サンゴ礁が生み出す観光価値は2300億円。

合計で年間約3000億円もの価値がある。このことは、沖縄のサンゴ礁は、コスト3000億円をかけて守る価値があるということを示している。COP10では、このようなデータが、世界規模で出てくる予定。

(アナ)

この考え方が出てきた背景は?

(むろ)

生物多様性の危機が背景にある。生物誕生後、過去、生物種の絶滅は5回あった。(最後の絶滅が6500万年前、恐竜絶滅のとき)。現在の絶滅は6回目だが、規模も性質も全く違う。たとえば、6500面年前のものは、平均して、1000年に1種の絶滅スピードだったが、現在のものは1年に4万種絶滅という推定もある。またかつての絶滅の原因は自然現象だったが、現在は人間活動が原因。その意味でも対策が急務といえる。

(アナ)

世界全体の生態系の価値は?

(むろ)

1997年の報告によると、「海」「森林」「川、湖」などの、地球全体の生態系サービスは、合計33兆ドル(4199兆円)。この年の、世界のGDPは18兆ドルだったことを考えると、巨大な価値。国連発表によると、その価値が、人間活動で年々失われ、損失額は、年間170兆円から380兆円という深刻な状況。

(アナ)

どうしていけばいいか?

(むろ)

この「ものさし」を使って、いろいろな政策の成果を確認することができる。日本の例をご紹介。たとえば、兵庫県豊岡市のコウノトリ復活の試み。コウノトリは、豊かな生態系がなければ生きていけない。その意味で、コウノトリがいるかどうかは、その環境が豊かかどうかのシンボルでもある。そのコウノトリが、効率重視の農法(「農薬」「水路コンクリート化」「乾田化」)を続けてきた結果、コウノトリが絶滅してしまった。そこで、「減農薬栽培」「冬期たん水」などに農法を変え、生態系を復活させ、ついに、コウノトリを44羽まで復活させることに成功した。その経済効果を計算してみると、無農薬米は、ブランド米として、54%高値販売され、エコツーリズム関連施設(コウノトリの里公園、文化館等)によって、約80億円が投下され、観光客が約10億円のお金を落としていった。その結果、市の経済規模は1,4%増大。環境保護と経済を両立させた例として世界から注目され、賞賛されている。

(アナ)10月の名古屋のCOP10の見通しは?

(むろ)

先進国と途上国の対立が深刻で、難問が多いが、今回紹介したような指標を開拓し、協力して進んでほしい。しかし当然のことだが、自然の価値はお金のみでは測れない。定量化できない価値も含めると、自然や生物の価値は計り知れないものがある。人類共通の資源の生物多様性を、世界が協力して守る議論を展開してほしい。

(アナ)ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタジオパーク「生態系の値段は?」9/27(月)13.40すぎから7分間(総合テレビ)

10月に名古屋で始まるCOP10(生物多様性条約締約国会議)で、生態系などをお金に換算してその価値を測るユニークな手法が発表されます。もちろん生物にはお金で換算されない重要な要素がいっぱいあり、「お金に換算してもこんなにすごい」ということですが、今後注目されるこのユニークな考え方を、具体的な事例を入れてご紹介します。なんでも生物界へのダメージを換算すると毎年リーマンショックが起きているのと同じとか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人ドリル「今がチャンス!?日本の宇宙開発」2010.9.19(日)23.00-23.30

はやぶさ、きぼう、かぐや、HTV、日本版GPSなどここのところ日本の宇宙開発の活躍は目覚ましいものがあります。一方アメリカのスペースシャトルは来年早々退役し、今後世界の宇宙開発は大きな転換期に入ります。そんな中、日本は何のために、どのような宇宙開発をしていくべきなのか?膨大な予算に見合う宇宙開発とは何なのかを3人の解説委員で議論します。議論がヒートアップする部分もあり、楽しくご覧いただけると思います。お時間があえば、是非ともご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スタパ「進化する宇宙輸送船」2010.9.14

(アナ)

去年の秋打ち上げられ、国際宇宙ステーションへの機材運搬を成功させ、世界を驚かせた日本の宇宙輸送船(HTV)が、次時代に向けて変身を始めようとている。室山解説委員。日本宇宙開発快調ですね。

(むろ)

先週土曜日も日本版GPS「みちびき」成功。日本宇宙開発は快調!

今日は、そのうちの一つの、宇宙ステーション(ISS)補給機HTVの話。

去年9月の打ち上げられた日本初の宇宙ステーション補給機HTVは、秒速8キロで、宇宙ステーションに接近し、6トンの物資を運び込んだ。高度なミッションで、そのレベルにNASAも驚いた。HTVはその後、宇宙ステーションのごみを搭載し、大気圏に突入し、償却された。

(アナ)

国際宇宙ステーションの輸送どうなってる?

(むろ)

ISSはほぼ建設が終了し、滞在は現在6人。今後運用の本格化で、人間と物資の運搬が頻繁になる。現在の運搬手段はシャトル(アメリカ)、ソユーズ、プログレス(ロシア)、ATV(欧州)、そしてHTV。問題は、シャトルが来年2月に退役すること。物資の運搬で大型の物資運搬は、日本のHTVのみになり、世界から期待があつまっている。

(アナ)

そこまで注目されているのに、なぜさらに変身するのか?

(むろ)

HTVは、実は今次の段階に向かってバージョンアップし、存在感をさらに強化しようとしている。今までは、ごみを搭載し、大気圏償却しかできなかったが、計画中のHTV-Rは、パラシュートで帰還し、荷物(ISSで作ったものや新材料など)を地上で回収できるようになる。現在、3つの設計案(「小型カプセル」「中型カプセル」「大型カプセル」)で、2010年代半ばの打ち上げを目指している。

(アナ)

各国の状況は?

(むろ)

一方、技術的なライバルが出現。アメリカのドラゴンと欧州のARVは、HTVのように、ISSの物資を回収しようと計画中。今後、回収能力のあるかぷ節開発で、国際的競争が展開する。

(アナ)

今後どうなる?

(むろ)

回収については、時間的競争状態だが、じつは、「有人化」をめぐったもう一つの熾烈な競争が、水面下で進んでいる。というのも、シャトル退役後は、ロシアのソユーズの一人勝ち。先ほどのドラゴンとARVは、実は有人化に向けて計画を進めている。

HTVも技術的には有人化が可能だが、まだその計画が決まっていないため、将来構想は未定。今後、友人に向けてどのような選択をするかが問われることになる。

(アナ)

日本の宇宙開発の未来像は?

(むろ)

大きく言うと、世界の宇宙開発は、シャトル退役も含め、大きく揺れている。アメリカ、欧州、ロシア、中国、そして日本が、激烈なレースを展開中。日本は、今後、揺れ動く世界の宇宙開発競争の中で、日本らしい宇宙開発を打ち出していく必要がある時代に突入する。

(アナ)

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供時代のスーダラ節

谷啓さんが亡くなった。植木等さんもすでこの世を去り、クレージーキャッツという名前を知っている人も次第に少なくなっている。子供時代、小学校低学年の妹(女優の旺なつき)と一緒に、夕食中の、近所の柳田のおばちゃんの家を突然おとづれ、やおらスーダラ節を歌うという冗談をやったことがある。なぜそのようなことをしたのか、今となってはわからない。おそらく親たちにそそのかされて、やったのだろう。行ったのはいいけど、とても恥ずかしかったことを覚えている。「ちょいと一杯のつもりで飲んで、いつの間にやらはしご酒…」膝をカクカクしながら、右手をだらりとおろし、体の前で振り子のように左右に振る。子供の突然の乱入に、柳田家は大喜びし、拍手喝采の一大ショーとなった。僕たちは顔を真っ赤にして自宅に帰ったが、何となくやったぞという充実感もあった。貧しかった岡山県倉敷市前神町に、庶民の笑い声が響く、そんな時代だった。今から45年も前のことだ。クレージーキャッツは庶民に夢と笑いを与えてくれた。谷啓さんありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スタジオパーク「変身できるか?宇宙輸送船」9/14(火)GTV13.40過ぎから

先週の土曜日打ち上げに成功した日本版GPS「みちびき」に続き、宇宙ステーションへの補給機HTVが大きく変身しようとしています。スペースシャトルが来年2月に退役となる中、大きな荷物はこのHTVでしかできなくなるため、世界の期待が日本に注がれています。そのHTVがさらに進化し、地球に荷物を回収できるものになろうとしています。このことは実は日本の有人宇宙開発にもつながる大きな出来事なのです。日本の宇宙開発がどうなろうとしているのかをこのHTV-Rを通じて解説します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »