« 金星探査機「あかつき」が解く宇宙の謎2010.5.24 | トップページ | スタジオパーク「金星探査の意味」2010.5.27(GTV13.40過ぎから7分間) »

スタジオパーク「小さな衛星の大きな挑戦」2010.5.21

(アナ)今朝、種子島宇宙センターから、H2Aロケットで、金星探査機あかつき+5機の小型衛星打ち上げが成功しました。室山解説委員。

(むろ)よかった。3日前天候重量で打ち上げ延期していたが、見事成功。HA17号機は安定した性能を見せている。(V1)H2Aロケット先端に、メイン衛星「金星探査機あかつき」が、その隙間に「小型衛星5機」合計6機が搭載され、宇宙に飛び立った。(P1)金星探査機あかつきは、世界初の金星の本格的気象衛星。金星のさまざまな謎を解明する。秒速100mの暴風「スーパーローテーション」もその一つ。そして、「惑星気象学」という、新しい視点を確立する。今日のお話の主役は5機の小型衛星。2つのグループに分けて説明する。(めくり)1つめのグループは、地球を周回する1-2キログラムの小型衛星3機。(はりつけ)「WASEDA-SAT2」(早稲田大学)はパネル展開、姿勢制御、画像撮影に挑戦。(はりつけ)「大気水蒸気観測衛星「KSAT」」(鹿児島大学)は、地域の技術者と共同して、水蒸気分布観測による集中豪雨の局地予報に挑戦。(はりつけ)「Negai」(創価大学)は、宇宙での情報処理や子供メッセージを搭載し、地球に落ちるときに「願」をかける。

(アナ)小型衛星の特徴とは?

(むろ)小型衛星の部品は秋葉原でも調達できるため、安い、早い、新鮮な衛星。宇宙開発の一つの潮流になりつつある。教育的にも有効だが、地域産業と共同制作できることから、宇宙開発の敷居を下げ、宇宙産業活性化につながる。

(アナ)もう一つのグループは?

(むろ)深宇宙にいどむ。「UNITEC-1」(大学宇宙工学コンソーシアム)。大学高専22大学。宇宙機関以外で、金星の軌道に挑戦するのは世界初。地球と金星の軌道間移動するので、人工「惑星」となる。また、衛星内に、6つの大学の学生手作りのコンピュータが搭載され、厳しい宇宙空間でどこまで耐えるか競争する「大学対抗PC生き残りコンテスト」も行われる。また「IKAROS」(JAXA)は、太陽風ですすむソーラーセイル型の宇宙ヨット。太陽光発電も行い世界が注目。(V2)帆は、遠心力を利用し、開くメカニズム。その様子を法室した小型カメラで撮影し、地球に送ってくる。(ST実物)それを可能にしたのが、ポリイミド樹脂の膜。厚さ0.0075ミリ(髪の毛の1/10)。薄い、軽い、丈夫(-200+200度OK。放射線にも耐える)100年前からのSFなどの発想が、この膜の出現で実現した。

(アナ)小型衛星。開発意義とは?

(むろ)若い世代が独創性を発揮して、未来型人工衛星に挑戦すること。また、深宇宙の苛酷な環境に耐える、新技術開発で社会貢献も可能。小さな衛星の大きな挑戦は「太陽系大航海時代」の到来といえる。

(アナ)ありがとう。

|

« 金星探査機「あかつき」が解く宇宙の謎2010.5.24 | トップページ | スタジオパーク「金星探査の意味」2010.5.27(GTV13.40過ぎから7分間) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537018/48447268

この記事へのトラックバック一覧です: スタジオパーク「小さな衛星の大きな挑戦」2010.5.21:

« 金星探査機「あかつき」が解く宇宙の謎2010.5.24 | トップページ | スタジオパーク「金星探査の意味」2010.5.27(GTV13.40過ぎから7分間) »