« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

JAXA産業連携シンポジウム「宇宙産業の発展の為に今何が必要か?」3/24(水)都市センターホテル

「政権交代」「アメリカ宇宙戦略の変更」「世界不況」「宇宙基本計画の策定」など、激変する世界の中、日本の宇宙開発は今後どのような進路をとればいいのでしょうか。このシンポジウムでは、ロケット、衛星、放送通信、地球観測など、日本の宇宙産業のリーダーたちが集合し、日本の宇宙開発と産業の未来について議論します。司会は私室山。100分の議論がエキサイティングで充実したものになればいいなあと思っています。

当日の様子はこちらhttp://aerospacebiz.jaxa.jp/sympo2010/result.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタパ「太陽ランタンで地球を救え」(2010.3.11)

(アナ)太陽エネルギーで充電して照明に使うランプを、電気が使えない生活を続けている途上国に送ろうという動きが、日本のNGOや企業の間で広がっている。室山解説委員。どんなものですか?

(むろ)途上国に支援を送ろうという動きがさまざまな団体で行われているが、その一例を紹介する。(実物)これは太陽パネルとLEDのランプを接続したソーラーランタン。5h充電、5h照明が可能。携帯電話ジャックも付いている。このランタンをインド国内でつくり、電気のない村などに配布する運動が2年前スタートした。国内の個人、企業から募金し、50個をセットにして1村に送る運動。

(アナ)なぜ始めた?

(むろ)途上国には「貧困」と「温暖化防止」という二つの苦しみがある。世界で電気がない生活を送っている人の数は15億人。今後電化していく必要があるが、従来の発電でいくとCO2が急増し、途上国が地球温暖化の原因になってしまう。今後は「貧困」「温暖化」の二つの問題を、同時に解決する手法を見つける必要がある。太陽ランタンはその意味では、この二つの同時解決を可能にする発想の一つ

(アナ)電気のない暮らしとはどんな暮らし?

(むろ)(P2)電化されていない地区では、照明は、灯油ランタンやろうそくで行っているが、あまりにも暗く、夜は勉強も仕事もできない。すすで子供が呼吸器障害になったり、診療所にワクチンの保存ができなかったり、食糧保存もままならないなど、健康への深刻な影響も問題になっている。

(アナ)ソーラーランタンプロジェクトの進捗状況は?

(むろ)すでに130村に配布が終了したが、たった一つのランタンが一つの家に入ることで、生活が変わり始めている。(P3)太陽ランタンは、ソーラーセンターで一括して充電し、50個のランタン貸し出しをしている。その結果、子供たちは夜勉強することが可能になり、屋台、農家の作業、夜の手仕事など仕事もできるようになった。女性も職業を手に入れ、自立できるようになり始めている。ランタンは一晩4-5円で貸し出されるが、貸し出すセンターに雇用が生まれ、借りた人も太陽ランタンを使って仕事をはじめ、収入を得ることができるようになり、経済的自立や地域ビジネスが生まれ始めている。

(アナ)今後の展開は?

(むろ)ほかのNPOとも連携しつつ、運動をアフリカやアジアなど世界に広げ、世界の10億人に太陽の光を届けようというのが目標。将来的には、現在の各家にランタンがある状況を進化させ、学校、診療所、農作業、工場などを太陽エネルギーなどの再生エネルギーで運用し、スマートグリッドでつないで、安定したエネルギーシステムにしていく。この「カエル跳び発展」を成功させ、途上国の経済的自立を確立すれば、日本など先進国の貿易相手が誕生。WINWINの関係が作れる。そのような健全な関係を目指して、大きく運動も育ってほしい。

(アナ)ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタジオパーク「太陽ランタンで地球を救え」2010.3.11

あす3/11(木)13.40過ぎから7分間、スタジオパーク「太陽ランタンで地球を救え」で解説します。コンパクトな太陽光パネルとランタンをセットにした省エネ、かつ脱化石燃料の照明をインドなどの開発途上国に送ろうという市民運動が広がっています。世界には15億人の電気を使わず生活している人々がいますが、このランタンを使って生活や経済の自立を助け、かつ地球温暖化を解決するシステムにつなげようという試みです。お時間があれば是非ともご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜フォーラム「21世紀の都市型ライフスタイル~水辺に暮らす・未来への展望」

3/7(日)教育テレビ18.00-19.00に「日曜フォーラム」の放送があります。2008年、人類の人口の半数が都市に暮らすようになったと言われています。しかし地球温暖化などグローバルな環境問題がクローズアップされる中、都市の在り方が重要な議論の対象になってきています。その中で注目されているのが「水」と共存するウオーターフロントの在り方。ベネチアから水辺都市の世界的研究家を招き、わたくし室山の司会で、日本の水辺の都市の在り方を考えます。是非ともご覧ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »