« スタジオパーク「広がるジオパーク」は明日放送 | トップページ | おはようコラム「地球温暖化交渉の意味」2009.12.8 »

スタジオパーク「広がるジオパーク」2009.11.24

(アナ)「世界遺産の地質版」ともいえる「世界ジオパーク」に、日本から3か所が認定され、注目されています。室山解説委員。ジオパークとは?

(室山)ジオ(地球)パーク(公園)。地球は生きている。地殻変動や火山活動で壮大な景観を示すが、そこに人間がすみ、文化を作るなどで、見事に共存している場所を「ジオパーク」という。ユネスコ支援で2004年開始し、現在19カ国、世界64カ所が認定されている。日本では昨年「日本ジオパークネットワーク」が発足し、今年認定された

(アナ)どこが選ばれた?

(室山)「洞爺湖有珠山」「島原半島」「糸魚川」の3か所。

(アナ)評価のポイントは?

(室山)「洞爺湖有珠山ジオパーク」

11万年前の地殻変動でカルデラ湖(洞爺湖)や多くの火山がある壮大な景観。そこに集落があり、人々が共存している。災害体験を伝える施設が多くあり、教育活動を熱心に展開。火砕流でできた土地は、なだらかで水はけがいいため、メロン、キャベツなどの畑として使われている。また地熱栽培で野菜や花も栽培されている。これらの農業は自然の恵みといえる。火山には鉱床ができるメカニズムがあり、硫黄の採掘がおこなわれてきた。海に山が崩壊したことで、岩礁が多く、砂底のため、タコ、カレイなどの住まいとなっている。このほかにもホタテ養殖なども行われている。火山の大きなもう一つの恵みは「温泉」。多くの人をいやす観光が成り立っている。9年前、有珠山噴火のとき、住民が見事に、無事に避難したことは今も語り伝えられている。自然を熟知し、火山と共存した人間社会の姿が高く評価された。

「島原半島ジオパーク」

普賢岳などの災害と共存し、島原市など、多くに人々が生活。「災害体験」「温泉」「農業」は、洞爺湖と同じようにここにもある。その他は、美しく豊富なわき水をつかったソーメンつくりが有名。また水の生活、文化をとりいれた武家屋敷や、火山石の石垣、面無橋(石橋)などがある。さらに火山都市国際会議(2007)を開催し、都市と自然との共生のメッセージを広く世界へ発信した。

「糸魚川ジオパーク」(新潟県)

糸魚川-静岡構造線などがあり、日本列島誕生のドラマを見ることができる。いたるところに断層があり、学習に使われている。断層沿いに「塩の道」(古道)ができ、古くから交通、産業、文化を支える場所となった。さらに、豊富なヒスイを使った「ヒスイ文化」が縄文時代から伝わってきた。美しいわき水を使ったお酒や、水深1000mの海底にベニズワイガニなども生息し、漁業に彩りを加えている。あちこちで活発な学習活動が行われ、自然との共存しながら熱心に「地域おこし」を展開している。

(アナ)日本の他のジオパークはどんなのがある?

(室山)他のジオパークも色々スタンバイしているが、先月、京都、兵庫、鳥取にまたがる山陰海岸も、世界ジオパークの候補となっている。今後も、「地球と人間の共存」を合言葉に、健全な地域おこしを実現しつつ、世界ジオパークに向けて成長していってほしい。

(アナ)ありがとう。

|

« スタジオパーク「広がるジオパーク」は明日放送 | トップページ | おはようコラム「地球温暖化交渉の意味」2009.12.8 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタジオパーク「広がるジオパーク」2009.11.24:

« スタジオパーク「広がるジオパーク」は明日放送 | トップページ | おはようコラム「地球温暖化交渉の意味」2009.12.8 »