« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

スタジオパーク「進化するエコカー」2009.10.27

(アナ)千葉県の幕張メッセで、先週土曜日から11/4まで、東京モーターショーが開催中。室山解説委員。今年の特徴は?

(室山)不況影響が大きく、海外からの参加など、出展数が大きく減少した。地球環境問題を反映した重要技術が前面に出て、「エコカー1色」の印象がありますVTRをご覧ください。VTR)東京モーターショーでは、エコ車勢ぞろい。「省エネガソリン車」は、車両停止中にストップするエンジンや、軽量化の努力で、リッター32kmを実現した。「ハイブリッド車」は現在のエコカーの主流。各社ずらりと並べ、家庭の電源から充電できる「プラグインハイブリッド」も発表され、注目された。今回特に目立ったのは、リチウムイオン電池の進化で、急にアピールしてきた「電気自動車」。カートタイプのもの、5人乗りのもの、電気がなくなった時は発電用エンジンで発電し、その力で走行するタイプのものも発表され、注目を浴びた。(アナ)いろんな種類があるが、エコカーとはどういうものなのですか?

(室山)(P1)「ハイブリッド車」とは、エンジンで走るガソリン車に、性能がアップしたバッテリーを搭載し、走行中やブレーキの電気を充電し、モーターを動かすことで補助する。燃費、CO2削減を同時に実現し、現在のエコカーの代表格。最近、自宅の電源から充電して、さらにパワーアップしたバッテリーで走行できる「プラグインハイブリッド車」が出てきている。「燃料電池車」とは、水素を充てんし、燃料電池で発電して、モーターで走行できる「夢のエコカー」。水素と酸素が反応して発電するので、水しか出ず、走行中のCO2はゼロ。しかし、まだ数千万円と高く、量産にはまだまだ時間がかかりそう。今最も注目されているのが「電気自動車」。家庭でも充電でき、バッテリーの電気でモーター走行ができる。走行中CO2はゼロ。発電所で出るCO2を含めても、従来の1/4の排出で済む。燃費も1/4-1/13(深夜電力)とお得。電気自動車のもう一つの特徴は、「車を超える車」だという点。部品も少なく、構造も単純なので、自由自在な設計が可能になる。

(VTR2)「いろいろなデザインの電気自動車」ユニークな電気自動車もいろいろ発表された。車輪にモーターを入れ、自由度を増し、未来型の設計に成功したもの。前後に2人が乗り、狭いところも入っていける細長い設計のもの。スティック状の操作かんで運転し、太陽電池で充電しながら走れるもの。このほか、大学生のアイデアで作られたものや、電気2輪車、一人乗りの電動モービルなど、ロボット技術も取り入れた、未来型のモビリティが展示されている。

(アナ)エコカーの未来はどうなる?

(室山)まず地球温暖化などの気候変動を食い止める、重要な低炭素技術。しかし、従来の自動車を超える側面を持つため、新規参入を促し、産業の活性化や新しい文化を作り上げる特徴もある。エコカーは日本の十八番の技術が活躍できる分野。ぜひとも頑張ってほしい。

(アナ)ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタジオパーク「進化するエコカー」2009.10.27(火)

東京は今日は激しい雨です。あす10/27(火)13.40過ぎから7分間(総合テレビ

スタジオパーク「進化するエコカー」というのを解説します。

今幕張メッセで開催中の東京モーターショーは、世界不況の影響で2年前に比べて出品数も減り地味になりましたが、「エコカー」のそろい踏み状態。特にハイブリッドと電気自動車がずらりと並び、自動車そのものが大きく変わりはじめていることを実感させます。エコカーはどこまで来たのか。今後の課題も含め解説します。

スタジオパーク「注目されるジオパーク」の放送はしばらくお待ちくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた放送延期

10/20(火)に放送予定だったスタジオパーク「注目されるジオパーク」は、新型インフルエンザワクチンの話題に緊急差し替えで、またしても放送延期となりました。とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放送日決定

放送延期していたスタジオパーク「注目されるジオパーク」は10/20(火)13.40すぎに放送となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放送延期

本日放送予定だったスタジオパーク「注目されるジオパーク」は台風のため放送が延期となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタジオパーク「注目されるジオパーク」2009.10.8

明日放送予定の番組のお知らせです。スタジオパーク「注目されるジオパーク」(総合、13.40過ぎから7分間)を放送します。「世界遺産の地質版」ともいえる世界ジオパーク(2004年から始まった)に日本の3か所が選ばれました。ジオパークはプレートテクトニクスが作り出す地球の歴史を語る景観に生態系が展開し、人間活動がおこなわれている場所のこと。災害が人間を苦しめる一方、豊かな自然の恩恵ももたらす場所です。ジオパークとは何か。世界の例とともに今回選ばれた「洞爺湖有珠山」「糸魚川」「島原半島」の姿を御紹介します。(台風中継がなければ放送になります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタジオパーク「広がるハイテク福祉機器」2009.10.7

(アナ)先月下旬、障害者や高齢者を支援するハイテク機器の国際展示会が開かれた。室山解説委員。どんな展示会?

(室山)今年で36年目。体に障害がある人を支援する道具や機械、ロボットが並ぶ、、世界最大級の国際福祉機器展。不況の影響で若干静かだったが、思ったほどではなく、福祉機器の重要性を感じた。(V1)(会場。車椅子ずらり。カスタマイズ部品。木製車いす、クリスタル車いす、車輪外す、オフロード車いす、ロボットアーム車いす、ベッド車いす、ゴルフ車いす)会場には、15カ国から2万点がずらりと並び、11万人の人がおとづれた。全体の1/3が車いすで、部品も豊富。自分の障害に合わせて作り直せるようになっている。木製の車いすや、クリスタルの装飾のものなど多様多彩。車輪を取り外し乗り降り自由の車いす。オフロード用に開発された車いすなど、行動範囲の拡大がみられた。またコンピュータ技術を取り入れて、車いすにロボットアームを取り付けたもの。ベッドと融合したもの。ゴルフ用の車いすまであった。

(アナ)福祉機器が必要な人の状況はどうなっているのか?

(室山)(P)在宅の障害者数の推移を見ると、全般的に増加してきているが、65歳以上の老人の比率が高くなっている。障害そのものの支援とともに、老々介護など、介護者の支援も必要になっていることが分かる。また、人体の機能そのものを支援する機械も多く見られた。(V21.30(まばたきスイッチ、ゴジラスーツ、HAL)メガネの上に小型カメラを搭載し、瞼の動きをとらえ(黒眼を認識)、スイッチを入れることができるシステム。体が動かない人が、電気製品などのスイッチをONOFFでき、コンピュータと接続すればコミュニケーションにも応用できる。また筋肉の動きをキャッチし、圧縮空気で体の動きを補助するものや、神経系の振動をセンサーでとらえて補助ロボットを動かして歩行の補助をするものもあった。これは、BMIbrain machine interface)と呼ばれる最先端の技術で、急速に研究が進んでいる。

(アナ)今後の福祉機器の在り方は?

(室山)主役はあくまで人間だということを忘れず、障害がある方の自立を支える社会的システムつくりの中で、福祉機器の発展を位置づけることが重要と思う。それともっと安くするための国の支援も必要。

(アナ)ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタジオパーク「広がるハイテク福祉機器」2009.10.7

あすGTV13.40すぎから7分間。スタジオパーク「広がるハイテク福祉機器」という解説をします。先日東京ビックサイドで開かれた第36回国際福祉機器展(15カ国2万点)にお目見えしたベッドと合体したり、ロボットアームがついたハイテク車いすの数々、介護者をパワーアップさせるパワースーツなどの事例をご紹介します。ぜひともご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »