« 忌野清志郎さんありがとう | トップページ | おはようコラム「どうなる?温暖化交渉」 »

石本美由起さんのご冥福をお祈りします

作詞家の石本美由起さんが85歳で亡くなった。

我が家では「イシモトのおじちゃん」と呼んで、僕や妹、そして姉は、子供のころから親しんでいた人だ。

僕の父親は倉敷市役所の職員だったが、趣味で詞をかき、石本さんも作詞仲間。お互いに貧乏だったが、人生のふしぶしを言葉に紡ぎ、生きる切なさ、美しさを表現することに思いを託す、夢多き青年達だった。当時、石本さんは時々我が家に泊まりに来たりして、家族ぐるみの交流が続いていた。

その後、「悲しい酒」「矢切りの渡し」など、作った歌が次々とヒットし、石本さんは歌謡界の重鎮となったが、若かったころのつながりは保たれ、父との交流は長く続いていたようだ。星野哲郎さんもそんな仲間の一人だと、懐かしそうに父は語る。

そのような姿を見て、「友情」というものの大切さを、しみじみと感じる。

同じ日、新聞で、「作家の栗本薫さん(評論家の中島梓さん)が、がんで亡くなった」という訃報も報じられた。

中島さんは妹(旺なつき:舞台女優)と親交が深く、脚本を書いてくれたこともある。僕も妹の経営する六本木の店で一度お会いしたことがあるが、思慮深く、感性のみずみずしい人だった。

この日、日本は二人の才能を失った。

二人の知り合いが同時にこの世を去る、室山家にとっては、悲しい一日となった。

|

« 忌野清志郎さんありがとう | トップページ | おはようコラム「どうなる?温暖化交渉」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石本美由起さんのご冥福をお祈りします:

« 忌野清志郎さんありがとう | トップページ | おはようコラム「どうなる?温暖化交渉」 »